スタッフブログ ブログ一覧

名作映画「木靴の樹」再び2016.04.18

名作映画「木靴の樹」再び
1978年、カンヌ国際映画祭最高賞のパルム・ドールを始め 各国の世界賞を総なめにし、日本での公開時には大きな反響を 呼んだというイタリア映画「木靴の樹」が再公開されています。 19世紀末の北イタリアで、季節の移ろいと共に、つつましく 生きる人々の暮しぶりがスクリーンに映し出されます。 静か...

心よりお見舞いを申し上げます2016.04.15

心よりお見舞いを申し上げます
昨14日夜、熊本県で最大震度7を記録する地震が発生、 多くの被害が広がっています。 津波の心配はないというものの、余震が100回以上も 続き、地元および近県の皆さんは不安な時をお過ごしの ことでしょう。 お身体はもちろん精神的疲労が気がかりですが、どうぞ 強い気持ちをもってお過ごしくださ...

夢はブーランジェ?2016.04.12

夢はブーランジェ?
日曜日の午後、人気のあるパン屋さんの店先で、数人の 子ども達が、プロの職人さんからパン作りの手ほどきを 受けている光景に出会いました。 白いキャップを被った子ども達の顔は真剣そのもの。 プロの職人さんの説明を熱心に聞きながら、小さな手で パン種を一生懸命に捏ねていました。 どんなパンが焼...

満開の桜に包まれる幸せ2016.04.04

満開の桜に包まれる幸せ
都内各所で桜が満開になり、お花見を楽しんだ週末。 空模様が心配でしたが、雨も降らずよかったです。 桜の季節になると心に浮かぶ言葉のひとつ「桜吹雪」。 花びらがひとひらひとひら一斉に風に舞い散る風景 には大自然の臨場感があり圧倒されます。 満開の桜の華やぎに包まれる時、また桜吹雪に立ち 尽...

4月、はじめどき2016.04.01

4月、はじめどき
4月。 みんなが首を長くして、今か今かと待ち焦がれた 桜の時期の到来。心がうきうきしますね。 春は、出発と出会いの季節でもあり生活の変化が 多い季節でもあります。 新たなご縁の花が開く日々に人と人がつながって いくのをあらためて実感します。 素敵な出会いを!       渡辺 田鶴子 ...

猫の手も借りたい・・・2016.03.31

猫の手も借りたい・・・
1月 行く 2月 逃げる 3月 去る     の格言どうり、時間ばかりが どんどん過ぎていきます。 3月も今日で終わり、多くの企業では決算期を迎え お忙しいことと思います。 まさに「猫の手も借りたい」心境かもしれませんね。 今は人の労力よりPCが活躍する時代なので、PC 操作のできる...

幸福を運ぶ「たんぽぽの花」2016.03.28

幸福を運ぶ「たんぽぽの花」
陽気が春めいてくると、少々寒さを感じても、気持ちは 外へと誘われます。 野原でなくても都会の道端でも見かける黄色いタンポポ。 どこでも咲く可愛い姿に強さと親しみやすさを感じます。 そして、花が咲いた後の綿毛の丸く、ふんわりした姿に こころ和みます。 たんぽぽには、「幸福を知らせる」という...

「東京都庭園美術館」へどうぞ。2016.03.22

「東京都庭園美術館」へどうぞ。
1933年に建てられた朝香宮邸を、1983年に美術館として 開館。 外観と室内装飾はアール・デコ様式で統一され、 優雅な造りが特徴です。 2015年に国の重要文化財に指定され、建築やデザインに 係わる人たちはもちろん、多くのファンが訪れます。 4月10日まで植物などをモチーフとしたエミール...

夢虫(ゆめむし)2016.03.17

夢虫(ゆめむし)
昔の人は、蝶のことを「夢虫」とか「夢見鳥」と呼んでいた そうですが、ご存知でしたか? その呼び名は古代中国の思想家、荘子の説話「胡蝶の夢」に 由来するそうです。 蝶になる夢を見たけれど本当の私は蝶で、いま人間になって いる夢を見ているだけではないのか、という話ですが、夢と 現実が混じり合...

当たり前に感謝2016.03.15

当たり前に感謝
見ること 聞くこと 話すこと 食べること 歩くこと 呼吸をすること・・・ 私達は当たり前のように思い、 当たり前のようにしている行動ですが、これは決して 当たり前ではなく、実は奇跡の連続なのです。 どこか具合が悪くなった時に、初めて日頃の当り前に 気づき感謝しますが、普段から日常の当り前...
20 / 76« 先頭...10...192021...304050...最後 »