工事ブログ

基礎工事・JIO配筋検査

2017.05.15
  • さいたま市St邸、配筋(鉄筋組み)工事終了後、「JIOによる配筋検査」を受けるが問題なく合格。
    引き続き、基礎工事。

    (画像1) JIOによる配筋(鉄筋組み)検査
  • ※配筋検査とは
    コンクリートを打ち込む前に、正しく鉄筋が配置されているかを確認する事で、建物の耐久性や強度に直接影響するため重要な検査です。
    基礎配筋工事のチェツクポイントは多数ありますが、中でも一番重要なのは、設計図面と一致しているかどうかの確認です

    (画像2) 配筋(鉄筋組み)検査・2

基礎工事・2

2017.05.09
  • 砕石転圧地業後、防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設。
    外周の立ち上がり型枠を組み後、配筋(鉄筋組み)工事終了。

    引き続き、基礎工事。

    (画像1)捨てコンクリート打設
  • (画像2)外周型枠組み後、配筋

    ※配筋とは
    鉄筋組みとも言い、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置の事。

基礎工事着手

2017.05.02
  • さいたま市St邸、地盤改良工事終了。
    基礎工事着手、水盛り遣り方出し、根伐り、砕石転圧地業。
    引き続き基礎工事。

    (画像1)根伐り、砕石敷き終了
  • (画像2)根伐り、砕石敷き、鋼管杭

地盤改良に着手

2017.04.24
  • さいたま市St邸、地盤調査終了後、地盤改良に着手。
    改良工事には鋼管杭工法を採用。

    (写真1)鋼管杭打ち込み

    地盤の正体は外から見ただけでは判りません。
    不同沈下や液状化、崖崩れなど建物を脅かす被害を未然に防ぐために、地盤の状況をよく理解し、それぞれの建物に適合した地盤を人工的に確保するために改良を加えることです。


    地盤を含めた基礎、構造体が建物を長持ちさせ、家族の安全を守ります。
    当社は、常にこれを最優先に考えています。

  • ※鋼管杭工法とは
    地中に鋼製の杭を打ち込んで建物を支える工法で、地盤が軟弱な場合に行われ、深度(深さ)は8~30mほどまで施工可能です。
    鋼管杭工法は、地盤である土に手を加えて良好地盤を造るのではなく、地中深くにある支持地盤まで杭を打ち込みます。
    そのため、大きな地震でも耐え抜くことができます。

    (写真2)鋼管杭

地鎮祭終了

2017.04.18
  • さいたま市St邸、建築工事を始めるに際し地鎮祭を先の吉日、執り行いました。

    (画像1)地鎮祭

    ※地鎮祭とは土木工事や建築工事を始める際に吉日を選び、工事の安全を願い、その家の繁栄を祈る儀式のことです。工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄めた後、施主様や工事関係者が初めてその土地に鍬や鋤を入れ、榊を奉納し工事の無事を祈り、最後に全員でお神酒をいただきます。

    【地鎮(じちん)鍬入れの儀とも言います】
    ・斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、
    ・斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)
    ・斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。

     儀式をする際、えい、えい、えい、と3回かけ声を掛けますが、文字で表すと 栄、栄、栄、と我が家が栄える様に願いが込められています。

    玉串奉奠(たまぐしほうてん)
    ・神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート