工事ブログ

吹付け断熱工事他

  • 中野区H邸、構造体検査終了後、屋根からの熱を小屋裏に取り込まないように断熱材吹き付け用下地を取り付け、通気層を確保。その後、発泡ウレタンを外壁面及び小屋裏一体に吹き付け、断熱工事終了。

    現場での発泡吹付けのため、隙間無く断熱材が施工できるので気密性が高く、室内の温度差が少なくなり、結露の発生を防ぎます。断熱工事と気密工事が同時にできるので、木材は常に乾燥状態を維持し、建物を長持ちさせます。

    小屋裏発泡ウレタン吹付け
  • 外壁面発泡ウレタン吹付け
  • 小屋裏吹付け下地材施工
小冊子無料プレゼント 緊急レポート