工事ブログ

基礎工事・3

  • (画像1)耐圧盤生コンクリート養生中

    蕨市Hk邸、JIOによる配筋検査終後、べた基礎の耐圧盤生コンクリート打設養生。

    ※ベタ基礎とは
    底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎で、建物の荷重を底板全体で受け止め、面で支え分散させるので、不同沈下に対する耐久性や耐震性が増します。
    また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。
  • (画像2)立ち上がり型枠組み

    その後、立ち上がり型枠を組む。

    ※省エネ断熱基準をクリアーするために、浴室立ち上がり基礎内側にスタイロホームAT50mm処理(住宅性能評価:省エネルギー対策)
    ・断熱性能が良くなることによるエネルギーコストの節約
    ・効率の良い設備機器を活用することにより快適な生活
    ・身体に受けるストレスをなくし、住まい手の心身を健康にする
    ・結露の発生をなくし、耐久性の高い長持ち住宅にする
  • (画像3)立ち上がり生コンクリート打設中

    生コンクリート打ち込み。
  • (画像4)生コンクリートテストピース採取他

    また、現場にて生コンクリートのテストピース採取他。

    ※戸建て住宅の基礎コンクリートの品質・強度を確認するための試験業務として、「コンクリート打設時の現場試験・テストピース採取」と「硬化後のテストピース圧縮強度試験」を行っています。

    その他スランプ試験・空気量測定・塩化物イオン濃度測定
    ・スランプ試験は、生コンクリートの流動性を調べる検査です。
    ・空気量測定では、コンクリートの流動性と圧縮強度を検査します。空気量が多いほど圧縮強度が下ります。 
    ・塩化物イオン濃度測定では、塩化物イオンの濃度が高いほど、鉄筋コンクリート中の鉄筋が錆びやすくなります。
    ・圧縮強度試験は、テストピースに6個分の生コンクリートを採取し、28日間水中に漬けておき、28日経過後にコンクリート圧縮試験機にかけて、機械的に圧縮した時の強度を平均値で割り出します。
小冊子無料プレゼント 緊急レポート