工事ブログ

木工事躯体組み・2

  • さいたま市St邸(ツーバイフォー住宅)1階躯体壁組み、2階床組み終了。
    引き続き工事進行中。

    (画像1)2階床組み終了
  • (画像2)1階躯体壁組み終了

    ※ツーバイフォー工法は壁、床、天井などの面全体で家を支えるため、正式には「枠組壁工法」と言います。

    特徴として耐力に優れた枠材と面材とが一体となり、面で支えるため、外力を建物全体で受け止め、その荷重を一点に集中させることなく分散するため、建物全体で地震等に強さを発揮します。
  • また、断熱性と気密性を高める工事がしやすい構造なので、部屋ごとの温度差が少なく、ヒートショックを受けにくく、体にやさしい住宅ということができます。
    高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもっています。


    (画像3)1階床組み終了後壁組み
  • (画像4)ファイヤーストップ構造

    ※耐火性:火の通り道となる床や壁の枠組み材などがファイヤーストップ材となっていることが特徴です。
    これにより、空気の流れを遮断して上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。

    ※構造用合板は常時湿潤状態における接着性能が確保されており、外壁下地、床下地、屋根下地など、(施工中を含めて)水に濡れる恐れのある場所に使用できる合板です。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート