工事ブログ

外壁防水紙貼り及び屋根工事

  • 中野区Ta邸、躯体工事終了後、通気層工法外壁仕上げサイディング用防水下地材(タイベックシルバー)貼り、及び屋根ルーフィング下葺き施工後、遮熱コロニアル葺き中。

    外壁防水紙を貫通した換気口や設備配管・配線等部のコーキング、及び防水・気密テープ処理を行ない、雨水の侵入を防ぎます。


    →タイベックシルバー貼り中





    ※通気層工法の外壁防水紙の主な特徴
    遮熱性に優れ、夏は屋外からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しくし、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保つため、冷暖房器具の使用を抑えることができます。

    ※タイベックシルバー
    遮熱耐久性が高く、アルミニュームの酸化劣化を防止。
    高密度繊維が湿気を通しても水を通さないので、 透湿・防水性に優れている。

    また、施工時に雨にさらされたり、万一外壁からの浸水にも水滴が内部に
    浸透するのを防ぎ、紫外線による防水性能低下を防ぐために劣化防止剤を
    施してあります。
    防水耐久性も良く、施工による損傷にも強い。

    ※通気層工法について
    屋根からの熱が野地合板裏を通して室内に侵入するのを防ぎ、断熱効果をより高めるために通気層を作り、排熱させるための棟換気口が取り付けられています。


  • →遮熱コロニアル葺き中
小冊子無料プレゼント 緊急レポート