工事ブログ

木工事躯体組み着手

  • 中野区Ta 邸(ツーバイフォー住宅)床下の給排水衛生設備配管工事終了後、1階床土台、大引き組み、床下断熱材を敷き込み床合板を貼り終了。
    引き続き木工事躯体組み進行中。


    →1階床合板貼り終了





    ※構造用合板について
    構造用合板は、常時湿潤状態における接着性能が確保されており、外壁下地、床下地、屋根下地など、(施工中を含めて)水に濡れる恐れのある場所に使用できる合板です。

    ※床下断熱とは
    床下断熱とは、建物の一階床下の全面に断熱材を取り付けて、外部の温度(熱気、冷気)の影響を受けないようにする工法です。
    1階床下に使用する断熱材は厚さ90ミリで熱を伝えにくく、断熱効果が高いため、夏の暑さ、冬の寒さに有効で冷暖房費を抑えてくれます。
    水を吸収しないので膨潤、軟化、変形、変質することなく 施工後も安心です。


  • →土台・大引き組み後床下断熱材敷き込み
小冊子無料プレゼント 緊急レポート