工事ブログ

基礎工事に着手

  • 豊島区Ka邸、地鎮祭も無事終了し、基礎工事に着手。
    水盛り遣り方を出し、根伐り終了後、砕石転圧地業、防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設。
    地鎮祭の折、神主より賜った「鎮物」を建物中央部に納め、家の守り神になっていただきます。 
    引き続き、外型枠の墨だし等、配筋(鉄筋組み)へと進みます。

    ←防湿シート敷き込み・捨てコンクリート打設

    ※水盛り遣り方とは
    建物の位置や基礎の高さを示すために、基礎の仕上がりの外側に打った木の杭に、板を取り付け、板と板の間に水平に水糸を張ります。
    その水糸が、基礎(建物)の中心線となりますが、これは、基礎工事終了後には取り除かれます。

    ※根伐りとは
    土を掘削して必要な基礎空間を造る作業。

    ※転圧とは
    地盤を転圧機械によって締め固めることで、転圧することによって砕石の沈み込みを防止。
    転圧後のレベル(高さ)確認は必ず行ないます。

    ※防湿シート敷き込みとは
    湿気や水蒸気を防ぐために砕石の上にフィルムを敷く作業のことです。

    ※捨てコンクリート
    地業(基礎を支えるため基礎底より下に栗石、砕石、杭などを設けた部分)の後に敷くコンクリートのことで、強度を出すためではなく、住宅の外周部や内部に墨出しをし、正確に施工するための補助的な工事です。


  • ←遣り方・根伐り・砕石転圧地業


  • ←鎮物
小冊子無料プレゼント 緊急レポート