工事ブログ

木工事躯体組み・5

  • 板橋区Nt邸、小屋裏床合板貼り、及び小屋壁立ち上がり終了。
    屋根垂木取り付け。
    引き続き、野地合板貼り、あおり止め金物等取り付け。

    あおり止め金物「ハリケーン帯」と呼ばれる金物で止められ、強風により、屋根があおられないようにします。

    ←小屋裏床と小屋壁組み


    ※日本の高温多湿な気候にも、「ツーバイフォー工法」の木の家は冬に温もり、夏には涼しさをもたらし、調湿作用もあります。
    木には天然の「エアコンディショニング能力」が備わっています。

    ※エアコンディションとは
    建物内の空気の温度・湿度や清浄度などを調節し、快適な状態に保つこと。空気調和。空気調節。空調。


  • ←屋根垂木取り付け
小冊子無料プレゼント 緊急レポート