工事ブログ

基礎工事・4

  • 板橋区Nt邸、JIOによる配筋検査、指摘箇所無く終了。
    引き続き、べた基礎耐圧盤用生コンクリート打設及び養生後、立ち上がり型枠を組み、生コンクリート打ち込み、天端均し(てんばならし)。


    ←立ち上がり基礎天端均し




    ※配筋検査とは
    コンクリートを打ち込む前に、正しく鉄筋が配置されているかを確認する事で、建物の耐久性や強度に直接影響するため重要な検査です。

    ※ベタ基礎とは
    底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎で、建物の荷重を底板全体で受け止め、面で支えて分散させるので、不同沈下に対する耐久性や耐震性が増します。
    また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。


  • ←立ち上がり生コンクリート打ち込み


  • ←耐圧盤コンクリート打ち込み
小冊子無料プレゼント 緊急レポート