工事ブログ

基礎工事進行中 その1

  • 新宿区E邸、地盤改良工事も終了し基礎工事進行中。写真は配筋検査中。

    *配筋(それぞれの鉄筋が寸法、数量、種別など正しく組まれている事)
    *配筋検査(コンクリートを打ち込む前に、正しく鉄筋が配置されているかを確認する事。建物の耐久性や強度に直接影響するため重要な検査です)

    根切り、砕石地業、防湿シート敷き込み、捨てコンクリート打設、ベタ基礎外型枠組み、配筋、配筋検査終了後、耐圧盤コンクリート打ち込み(ベタ基礎)立ち上がり型枠組み、生コンクリート打ち込み、引き続き工事進行中。

    根切りとは、基礎を造るさい土を掘削して必要な空間を造る作業。砕石地業とは、砕石を敷き並べ転圧機で突き固め地盤を強固にする作業。防湿シートとは、湿気や水蒸気の透過を防ぐために土の上に敷くシートのこと。
  • 捨てコンクリート打設後

    *捨てコンクリート、強度を出すためではなく、住宅の外周部や内周部に墨出しを行い正確に施工するための補助的工事です。捨てコンクリートは割れていても問題がないので気にすることはありません。
小冊子無料プレゼント 緊急レポート