社長ブログ

社長ブログ

ワクワクする仕事していますか?

仕事をする上で尊敬すべき人は、逆境にいてもくよくよせず、
心配しても始まらないことは心配せず、

自分の力のないことは天に任せて、
心がけをよくし、努力をする人である。

こんな風に仕事をしたら、勝手に成功してしまうかも?

仕事が楽しくて他のことに手が回らない。
仕事で趣味を楽しむ時間が取れないことが全く苦にならない。
そのくらいワクワクしながら仕事が出来たら幸せですね。

私は、この理想にはまだまだ到達できそうもありませんが、

一歩ずつ前進していきたいと思います。

皆さんは、ワクワクする仕事していますか?

ご縁を大切に

とても幸せなことに、起業初期に出会った

仲間とのご縁が今でも続いていいます。

目指す方向が同じ仲間というのは、いつまでも
良好な関係が保て、やはり嬉しいものですね。

せっかくのご縁を良いものにするのもダメにして
しまうのも自分自身。
ですから、これからも感謝しつつ大切にして
いきたいと思います。
もちろん、新しい出会いも大切に。

どんなビジネスでもプライベートシーンでも
一番根本の部分は人があってこそですから。

自分の選択には自分で責任を持つ

様々な規制がどんどん増えて、あらゆる場面で
やりにくくなっているように感じます。

規制が増えるということは、それだけ多くの人達の
要求が多いということでしょうか。

何かあると、ひたすらやれ国の責任だとか
政治が悪いとか、誰かの責任だとか・・・
声高に叫ぶ人が多くなっているんですね。

しかし、人生は選択とリスクがつきもの。

常に選択をしなければいけないし、
その選択をした結果については
自分で責任を負わなければなりません。

楽をして、リスクも無く良い思いをしようなどと

いうムシの良い話は無いのですから。

数字を把握する

人と話をしていると、中には
「わたしは文系なので、数字には弱くて・・・」
という人がいます。
そういった人にありがちなのが
物事を数値で捉えていない、ということです。

普通に生活をしている上での大きな不便はないでしょう。
しかし、これがビジネスとなると致命的です。

大体こんな感じ、大雑把に言うとこのくらい・・・
これでは何も計測できませんからね。

たとえば、その日の気分で作業をしているとすると

・どの作業をどのくらいやって
・何をどのくらい形にして
・その結果経費がいくらかかって、収益がいくら?

ということを全く考えずにやっていると、自分の
仕事の状況を正確に把握することなどできません。

これらを判断するために必要なのが数字です。

気がついたら大幅な赤字だったという人がいますが
一度すべてを正確な数字にして眺めてみては?

愕然とするかもしれませんよ。

心より感謝をこめて・・・

1985年6月27日に産声をあげた当社は、今年30歳に

なりました。

小さな小さな会社ですが、ここまで育てていただいたのも、

皆様の大きなお力添えのおかげと心より感謝申し上げます。

その間、大波にさらわれそうになったり、強風に倒れそうに

なったり・・・さまざまなことがありましたが、何とかここまで

続けることができました。

「本当に有難うございました」

これからも初心を忘れず社員一同こころを合わせ一歩づつ

進んで参りますので、引き続き温かいご支援を賜りますよう

あらためてお願い申し上げます。

         株式会社渡辺ハウジング社員一同

常識にとらわれず、挑戦する気持ちが大切

先日何気なく見ていたテレビ番組で目にした光景。

あるスーパーの目玉商品として、
「野菜の袋詰め放題」のタイムセールがあり、
それに集まる人々の様子が映し出されていました。

中には常連さん達もいて、袋を手にした途端
まあ入れること、入れること・・・びっくり!

常識では考えられないような量を、皆さん
それぞれの工夫で袋一杯に詰め込んでいました。

確かにその姿はお世辞にもスマートとは言えません。
しかし、その集中力たるや。 お見事!

我々はつい常識にとらわれ、最初からやりもせず、
「どうせ無理だろう」と思い込んでいることが
どれだけ多いことかと気づかされます。

ひょっとすると、自分や周囲の人々の勝手な思い込み
かもしれないのですから、何事にも挑戦する気持ちが

大切ですね。

自分なりの目標に向けて・・・

仕事で大きな結果を出している人や、独自の理論で

仕事を展開している人たちの行動や結果だけを見て、

圧倒されることが時にはあるかも知れません。

この人と自分とは最初から何が違うのだろうか?
自分にはとてもここまでは出来ない・・・。

などと感じて落ち込み、意味もなく不安になったり
萎縮してしまうこともあるのではないでしょうか。

でも「今の自分に出来ること」を、できるだけ実践

していくしか成長する方法はないのです。

上を見上げ、圧倒されて萎縮するよりも、彼らには
無いものを目指そうと思ったほうがいいのです。

例えば、オリンピックのメダリストの競技を見て、

自分とはレベルが違いすぎるからやめようと思う人は

いませんよね。

それと同じで、大切なのは自分の目標を決め、
そこに到達できるまで努力を続けることです。

言い訳をせずに、先ずは実行

人は自分に都合が悪くなると言い訳をします。

今日は金曜だから、今日は週末だから、
今日は日曜だから、今日は祝祭日だから、
今日は疲れたから、今日は月末だから、
今日は給料日だから、今日はしんどいから、
今日は二日酔いだから、今日は食べ過ぎたから・・・・
言い訳なんて考えればいくらでもできるものです。

社員の場合はそれでもいいのかもしれません。
ですが、経営者でありながら言い訳を始めたら、
会社の発展を望むのは厳しいでしょう。

継続は力なり、とはよく聞く格言ですが、結局は
「どんなことでも言い訳せずに続ける」
「しんどくても乗り越えよう」
ということに繋がるのでは、と思います。

自分の都合に合わせて言い訳ばかり考えるのではなく、
先ずは継続することを目指してはどうでしょう。

それは、とりも直さず自分のためになるはずです。

家族のための家づくりを考える

今は家づくりに関する情報をネットでも簡単に
知ることが出来る時代ですね。

その中で、溢れる情報の波に溺れている人も
きっとたくさんいることでしょう。

情報だけをいくら頭に詰め込んでも、
家族を幸せにする家づくりは簡単には出来ません。

情報を集めるのは悪いことではないのですが、
「何が必要、何は不必要?」

ここのところをはっきりさせておかないと
結局は時間だけが無駄に過ぎていく
ということになってしまいます。

自分はどんな家づくりがしたいのか、
自分のやりたい事、一番の希望、夢は何なのか。
もう一度この部分をしっかり見つめ直してみましょう。

自分の作りたい家がはっきりしたら後はもう粘り腰で

頑張るのみです。

只がむしゃらにネットに頼り続けることより、

また嫌々続けるよりも、得意分野で頑張っている人に

最大限の助言を受けながら自分なりに努力をする。

多分それがベストの選択だと思います。

何よりも家族の安全と幸せを守るためには・・・。

まずは実践してみる

遊びでも仕事をする上でも、また、自分の人生においても

まずは実践してみることが一番大切だと思っています。

理論だけでがちがちに武装してしまい、他人のすることには

何事にも上から目線であれこれ言うくせに、自分では全く実践

しないような人は本当に信用できないし、残念な人だなと

心底思います。

大切なことは、例え失敗をしても恥とせず黙々と実践を続け、

その体験から徐々に成功の種を育てていく態度。

【失敗は成功の基、失敗無くして成功は無し】

先人は、大変貴重な言葉を遺してくれていますね。

その人がどんな人かを判断する時は、

「何事も黙々と実践し続けている人物であるかどうか?」

を見れば、まず間違いはないと思っています。

私もインプットだけでなく、アウトプットを心掛けなければ

いけないと思いつつ、今日に至っています。

これを機会に、頑張ろうと思います・・・

時間感覚は人それぞれ違うから

誰かと一緒に仕事をしていて、時間感覚のずれに

イライラしたことはありませんか?

朝一番でという約束だったのにやっと連絡が取れたのは

10時頃だったり、なるべく早くが1週間後だったりすると

相手は何を考えているんだと思いますよね。

実は各自が持っている体内時間の感覚というのは

人それぞれ違っているものらしいです。

同じ昼過ぎ、という時間帯をとってみても

人によっては正午過ぎだったり、午後1時過ぎすぎだったり

捉え方が違うものなのですね。

自分が当然こうだろう、と思っていても相手はそうとは限らない。

ですから、打ち合わせやなどの時間を決めるときは

出来るだけはっきりとした時間を提示した方が良いです。

成るべく早くではなく何日の何時までと。

朝いち、ではなく午前9時。

それだけで、余分なイライラから解消されますよ。

私も気を付けよう。

まずは整理整頓をする

最近なぜかイライラしているな、と思ったら
ちょっと周りの環境を見直してみて下さい。

仕事をするデスク周りは整理整頓されていますか?
部屋の中が散らかってはいませんか?

身の回りが雑然としていると、何かと物を失くしたり
出かけるときに何かしら忘れ物をしたり
必要な時に必要なものが見つからなかったりと、
よけいにイライラが増すというものです。

部屋は自分の頭の状態を表しています。
整理整頓が苦手な人は、先延ばし癖のある人とも言えます。

また、物事の優先順位が決められないため
いつも色々なことを抱えて物事を整理出来ず
何かを忘れたり順番を間違えたりして
小さなストレスを積み重ねていきます。

今度の休日に思い切っていらない物を捨てて
部屋をすっきり片付けてみてはいかがでしょうか。

かなり気持ちもすっきりとするはずです。

自分の失敗を認める

何かに失敗したときに、それを踏まえた上で
次のステップに進むために大切なことは何でしょう?

それは、自分の失敗を認めること。
これが出来ていない人が非常に多いように感じます。

まずは自分の失敗を認めようとせず、言い訳ばかりの人。
その言い訳がどれほど見苦しいか本人は気づいていません。

次に、自分はデキる人間であるから、自分に限って
失敗などするはずがない、と思い込んでいる人。

そして、自分が失敗したのは、自分が悪いわけではなく
周囲の環境や、他人のせいであると思っている人。

自分は悪くない、と思っているうちは
反省も分析も生まれないので
次に進むことなど、出来るはずがありません。

こんな名言をご存知ですか?
【有能な人間は失敗から学ぶから有能なのである。
成功から学ぶものなどたかが知れている】
(米国の小説家ウィリアム・ サローヤン)

目の前のことを疎かにしない

目の前のことに全力で取り組んでいる人はとても魅力的です。

仕事に実力を発揮できない人にありがちなのは、
「理想の未来」や「あるべき自分の姿」など
妄想を追い求めてばかりで「現在」が見えていません。

大きなことを目指したり、夢を語るのも良いのですが
まずは目の前のやるべきことに集中しましょう。

その先に、到達できる未来があるのですから。

「ローマは一日にしてならず」という
素晴らしい先人の教えを思い出して下さい。

人は常に「現在(いま)」を生きているのです。
未来は変えられる、と良く言いますが
そのためには現在を変えなければいけないのです。

今日の一言

みんなの前でがんばった花は、
みんなが知っている花になる。
みんなが知らない所でがんばった花は、
みんなが見た事のない花になる。

謙虚さが大事と言う事ですかね?

私には無いかもしれないな~

「口だけの人」それとも「行動する人」?

先日何気なく見ていた映画の中で、気になるセリフが
ありました。

「世の中には2種類の人間がいる。
 それは、口だけの人と行動する人」 

大抵の人は、何もしない口だけの人たちですが、
世界を変えるのは行動する人たちの方だと思います。

極論かも知れませんが、それ以外はどうでもいいのかも

しれませんね。

これまで色々な人とお会いしてきた中で感じるのは、
残念ながら大体口だけの人達が多かったように思います。
現状を変えたい、という割には何もしようとしない・・・

行動する人だけが先を見ることができ、自分の人生を
コントロールすることができるのではないかと考えます。

偉そうなことを書きましたが、自分はまだまだ未熟です。
貴方はいかがですか?

楽しいことを考えながら

「このままでいいのだろうか?」
「このままで大丈夫なのだろうか?」
ふとした時、そんな疑問や不安が湧いてきて、
絶望感に襲われる瞬間ってありませんか?

以前、そんな気持ちに対して、
「そういう考えを持つから、そういう事態を引き寄せる。
 だから、そんな考えを決して持たないように。」
との、アドバイスを受けたことがあります。

確かに、将来の楽しいことを考えながら、
そこにフォーカスを当てて生きていけば
そんな悩みも吹き飛ばしていけそうです。

過去のことや、近い未来のことを考えて悩むほど
人からパワーや無駄な時間を奪うことはありません。

できなかった事をくよくよ悔やむより
明るい未来を描きましょう。そのほうが何倍も幸せです!

自分と約束しよう

人は、他人との約束は守ろうとするのに
(中には守らない人もいますが、それは論外として)
自分自身との約束は、なかなか守ろうとはしないものです。

多くの人たちが、他人との約束を守るために
自分で決めたことを後回しにしている。

つまり、自分基準で生きていないということです。

社会生活を営んでいる限り、人とのつきあいは大切ですし
避けられない色々な事情もあるでしょう。

でも本当は、ついつい後回しにしている自分の思いが
自分を幸せへと導く一番のものだということに
気づかない振りをしているだけなのかも知れません。

あなたはどうですか?
自分の中のアツイ想いを大切にしていますか?

自分と約束しましょう。
そしてその約束を守ることを第一に考えましょう。

小さな事からでもかまいませんから
今日、今この瞬間から始めましょう。

ちょっとした事ですが・・・

仕事柄、色々な方とお会いする機会が多いのですが、
相手の方のちょっとした言葉や態度が??と
気になってしまうことが時々あります。

ということは、置き換えてみれば自分の態度も、
そうして相手の評価の対象となっているのですね。

気をつけなければ・・・。

例えば、買い物に出かけた際などに、
店員さんに対して偉そうな態度をとる人などとは
一緒に仕事をする気にはなれません。

こういう何か勘違いをしている人とは、考え方も
きっと合わないと思えるし、いずれトラブルなど
面倒なことにもなりそうだからです。

本当に能力のある人は、決してそんな態度は
とらないものですからね。

その他、見かけはどんなに立派でも、他人に対し
小さな心配りができない人にはがっかりしますね。

挨拶、礼儀、笑顔・・・といった基本的なことが
できない人はビジネスでも成功するとは思えません。

ちょっとした事ですが私も気をつけたいと思います。

「忙しい!」と言いたくなったら・・・

「忙しいとは心を亡くすこと」
良く聞く有名なことばですが
ぜひ覚えておきたいもののひとつです。

確かに人は忙しくなると心が落ち着かず、
細かなことに気を配ることができなくなります。

「忙しい、忙しい!」」と口にして
それを免罪符として面倒なことから逃れようとします。

が、それではいつまでたっても自分が成長しません。

忙しい!と言いそうになったら、先ずは深呼吸して
少し心を落ち着かせてみてはどうでしょう。

「忙しい!」と言いたくなる時こそ、自分が
成長するチャンスになるかもしれませんよ。

能力よりもひたむきさ

一緒に仕事をしていて心地良いのは、
必死で努力していたりひたむきに仕事に向き合っている人。

多くの人と仕事をしてみてそう感じています。

たとえ圧倒的に能力が高い人だとしても、
それにあぐらをかいて努力を怠ったり、
議論の元となるようなことを言う人だと
やはり不愉快だし、なかなか上手くいきません。

それよりも、能力は普通だとしても仕事に対して
誠実な人の方が何事もスムーズに運ぶものです。

私も仕事のパートナーやスタッフを選ぶ際には、
そんなことに重きを置いて人を見るようにしています。

なんとかラクをしようとする人より、
報酬以上の仕事をしようという意識を持った人と
付き合っていきたいと思います。

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »