スタッフブログ

スタッフブログ

限定数量販売商法に隠されたもの!

最近、経済が不安定ということもあり、格安住宅が企画され、
限定数量販売商法が目につき始めました。
こんな時代でも家を建てたいと思っている人はたくさんいます。
そんな人達の心の隙を狙った商法です。
これは、富士ハウスの二の舞になる可能性があります。
格安のチラシでお客様を集め、言葉巧みに契約に持ち込み
工事代金のほぼ全額を着工前に支払わせるという、いかにも
乱暴なやり方です。
昨年末からの不動産や住宅会社の大型倒産は、正にそんな事例です。
当社近くでも、3月末から工事がストップし、ブルーシートで覆われた
現場を見かけました。
お施主様の気持ちを考えると同業者として心が痛みます。
自社だけが受注増を達成できる環境にないのに、無理やりに
それを行い続けることは不可能です。
住宅は高価な買い物ですからくれぐれも慎重に検討されることをお勧めします。
      注文住宅・板橋の工務店 渡辺ハウジング 渡辺

再び悪徳リフォーム横行

最近はまた、悪徳まがいのやり方で無理やりリフォームをされた被害が
続出しているので皆さんご注意ください。
ましてや、名も知らない訪問業者の勧めるリフォームなどはもってのほかです。
よく見られる事例は「点検商法と逆切れ商法」の合わせ技です。
飛び込みのセールスマンが、建物の土台に設けられている通風口に
取り付けられている鋳物製の網では害虫(白蟻)やネズミが出入りするから
「目の細かいステンレス製の網(防虫ネット)を付けませんか」などと言って、
家の中に入る口実を作ります。
防中ネットなどの契約をしてしまうと、防虫ネットを設置する際に「ついでだから」
などと言って床下に入り込み、湿気ていて土台が腐っているとか、柱とかが
緩んでいて地震が来ると危ないなどと言葉巧みに不安感をあおります。
そして、当日か翌日には数十万程度の契約をしてしまうことになるのです。
これを途中で気が付き、解約するとかやらないなどと言うと「冗談じゃない・
一旦契約をしたのだから、最後までやらないと契約違反で訴えるぞ」などと逆切れして
強引に工事を強要します。

更に、一度認めてしまうとお客様が素人なのをよいことに
「あれだけではまだ補修・補強が不十分」などと言って
不安をあおり短期間に複数の契約を強要し、被害が拡大します。
最近あった事例では「近くで換気扇取換えの工事を行ったのですが、一個余って
しまったので、お宅の床下に無料で取り付けます。10分程度で終わりますから」と
床下に潜り込み「土台が腐っていますよ、直さないと崩れる危険があります。
ざっと100万円ほどで直ります」と言い、今、契約書に判を押してくれれば10万円
値引きでやります。
とりあえず手付金として5万円出してください。
工事は明日直ぐにやりますからと、名刺を置いて帰っていった。
翌日全然来ない、名刺の電話番号にかけてみると「現在使われておりません」というコールだったそうです。
そこで、床下を覗いてみると、換気扇が転がっていたそうです。
1台5万円の換気扇を購入してしまったことになってしまいました。
テレビドラマやマンガみたいな詐欺ですが、無料で、しかも確認ができにくい床下、
土台が腐っているという不安から、信用してしまったケースです。
まるでゲーム感覚で人を騙す連中は、振り込め詐欺の犯人のように犯罪歴のない
普通の若者が増えているだけに、うっかり引っかかってしまうのかもしれません。
訪問販売業者らしい場合はドアを開けない。
貴方だけが得をする美味しい話は絶対にありませんので、
皆さん、気をつけましょう。

これはおかしい?と思ったら直ぐに当社へお問い合わせください!!
     注文住宅 ・ もちろんリフォームも手掛けている渡辺ハウジング  渡辺

ありがとうの一言

先日、OB 客さんから「不都合なところがあるので見に来て欲しい」との
連絡を受け、申し訳ない気持ちで伺ったところ、補修工事の話はほんの
数分で終わり、お茶をごちそうになった上、帰る際には
「有難うございました」と繰り返し言われお土産までいただいてしまいました。
帰り道、「やっぱりお客さんとはこういう関係でいなきゃ」とか
「我が社のお客さんは良い人ばかりでよかった」なんて思いながら
事務所へ戻りました。
私達は日常の買い物の際、店員さんから「有難うございました」
と言われる前に「有難う」と言うことがあります。
それは、「買いたい物、欲しい物を売ってくれて有難う」という気持からです。
私は、本来「有難う」はお客さんから言うべき言葉だと思います。
なぜなら、100円の物であれ2000万円の住宅であれ、お客さんが
購入するのは、その金額以上の価値を見いだしているから購入するのです。
他の物に比べ住宅は高価な買い物です。
お客さんから「有難う」と言ってもらえる住宅づくりを更に勉強したいと思います。
     RIMG1043.JPG
      注文住宅・外断熱・地熱住宅も造っている渡辺ハウジング 渡辺

由比町の桜エビ

初夏の陽気に誘われ、友人と由比町へ行ってきました。
駿河湾に面するここは、桜エビ漁業日本一を誇る港町です。
体長4~5cm、桜色をした小さなエビは、日中は海面から300m程の
暗い深海に生息し、夜になると70~80m位のところまで浮上するため
この時が捕獲のチャンスです。
そして、陽の光が最高の乾燥機なので、生をそのまま天日で自然干し、
その様子は、浜一面に紅いジュータンを敷きつめたような鮮やかさ。
取れたてを生でいただいたり、揚げたての熱々天ぷらに思わず
  「おいしい!」
桜エビには、カルシューム・マグネシューム・鉄・リン等が多くふくまれ
又、血液中のコレステロールや動脈硬化の予防にも効果があるそう。
桜エビはあんなに小さいのに、実はおいしくて栄養価もたっぷりの優れものなのです。
        RIMG1045.JPG
又、由比町は旧東海道16番目の宿場町であったため、町内には
由比町の街並みを再現した【おもしろ宿場館】や、広くてきれいに整備された
町民憩いの広場【本陣公園】内には浮世絵師・歌川広重の作品を中心に
収集、展示されている【東海道広重美術館】があります。
その他、和紙や錦織、染物の小物を扱うお土産店等もあり一日ゆっくり楽しめます。
    RIMG1055.JPG   RIMG1054.JPG
   RIMG1057.JPG
気軽な日帰り旅、皆さんにもお勧めです!!
          板橋区で狭小地住宅と外断熱・地熱住宅を得意としている
                           渡辺ハウジング  渡辺 田鶴子

修験太鼓奉納!

熊野神社で毎年開催されるひな祭りに、一昨年、昨年に引き続き
修験太鼓が奉納されました。
  RIMG1079.JPG   RIMG1076.JPG
修験太鼓は、音によって神仏に供養を捧げ、神仏のご加護と
安穏を祈るものです。
山伏法衣をまとった修行者の打ち鳴らす豪快な演奏に、集まった多くの
人達も聞き入っていました。
一般の方も飛び入りで演奏を体験したり、境内で催された野点に
ちょっと緊張しつつも、おいしい和菓子と抹茶に舌鼓を打ったりと
春の一日を楽しんでいたようです。
   RIMG1075.JPG   RIMG1077.JPG
 
        注文住宅 板橋の工務店 渡辺ハウジング  渡辺

春のうららの~

春のうららの隅田川 ― ならぬ石神井川
最近はお花見スポットの一つとして取り上げられることが多くなった
石神井川は当事務所のすぐそばです。
    今がまさに満開!
昼間はご近所の家族ずれがゆっくり散策を楽しみ、夜間は仕事を終えた
会社勤めの方々の宴会でにぎやかに盛り上がります。
混雑する人の波におされ、ゆっくりと桜見物を楽しめないとお嘆きの皆さん
来年は是非、こちらへお出掛けください。
お待ちしていま~す。
 
   RIMG1086.JPG    RIMG1087.JPG
      注文住宅 板橋の工務店 渡辺ハウジング 渡辺田鶴子

鳥舞花静香!

3月にご新居が完成した市川市のN様より、素敵な色紙を
頂戴しましたので、皆様にもご紹介させていただきます。
   RIMG1088.JPG     DSC_0276.JPG
  
江戸川を臨むこの地は、川の両側に沢山の桜の木が植えられ
お花見にも絶好のロケーションです。
閑静な住宅地に建てられた、地熱利用の温度バリアフリー住宅は
広々とした平屋建てで、心にも身体にも優しいご自慢の健康住宅です。
ご新居での生活が、以前より増してお幸せでありますよう心よりお祈り
申し上げます。
頂いた色紙は、当社の大切な宝物にさせていただきます。
N様有難うございました。
      注文住宅 板橋の工務店 渡辺ハウジング  渡辺田鶴子

家庭内事故死を防ぐには?

前回に引き続き「家庭内事故死を防ぐ家づくりの秘訣」を公開します。
その1 ― 安い暖房費で家全体を暖かくする!
       家庭内事故死を防ぐ重要な対策としてヒートショック(家の中の急激な
       温度差による問題)をまず解決する必要があります。
       
       そこで「全館冷暖房」という考え方が普及しつつあります。
       北海道では常識になっている「全館冷暖房」の家づくりですが
       残念ながらまだまだご存知の方が少ないのです。
その2 ― 自然素材によるシロアリ駆除
       シロアリ駆除に使用される塗布剤によるシックハウス被害が増えてきて
       いますが、炭を液状化しそれを木材(土台・柱など)に塗ると空気中の
       湿気を吸放出するため、優れた調湿効果があります。
       湿度の高い押入内に塗布することも良いことだと思います。
その3 ― 家の中から極力火をなくしてしまう
       
       ・ガスレンジからの火災
       ・天ぷら油の引火による火傷や火災
       ・ストーブからの火災           などを防ぐには
       簡単なことではありませんが家の中で「火」を使わない生活にすることは可能です。
         (調理・給湯・冷暖房などなど)
       そうすることによりもちろん衣服への着火も防ぐことができます。
           
これら3つのことを気をつけるだけでも、家庭内事故は減ってくると思います。
交通事故件数ばかり取り上げられますが、驚くほど多くの件数が発生している
家庭内事故、とかくデザインや見た目にとらわれがちですが、
  家族が健康で安全に暮らせる家 ― これが家づくりの基本です。
 *ご希望の方にはマスコミが報道しない「家庭内事故」の現実を書いた小冊子差し上げます。
            注文住宅 板橋の工務店 渡辺ハウジング  渡辺

家庭内事故死を防ぐには?

「家庭内事故死」という言葉をよく耳にしますが、家庭内事故といえば
浴室で転ぶとか、段差でつまずく、などを思い浮かべるでしょう。
それならバリアフリー住宅にすればいいんじゃないかと思われるかも
しれません、ところが皆さんが知っている【バリアフリー住宅】は
ただ「家の中の段差をなくすこと」とか「階段の幅・高さの設定」、
「トイレや浴室に手すりの取り付け」であるとかその位だと思います。
   DSC_0215.JPG      DSC_0221.JPG
でも、家庭内事故をなくすにはそれだけでは足りないのです。
 「家庭内事故死」を防ぐ家づくりのポイントは3つです。
  
 1、家の中に急激な温度差を発生させないこと(ヒートショック防止)
 
 2、防議処理によるシックハウスを発生させないこと
 3、家の中から「火」をなくすこと
   ではどうしたら良いのか? 秘訣は次回詳しくお知らせします。

地熱住宅勉強会第2講座のご報告(2)

2009年 1月24日(土)
風花の舞う寒い日にもかかわらず熱心な方々が参加して下さり
地熱住宅勉強会第2講座、無事終了しました。
この日のために、わざわざ熱海から新幹線を利用して
来て下さった方もあり感謝感激です。
さて、今回のテーマは「地熱利用の原理・原則」
一見、難しそう(?)ですが、小学校高学年用の教科書から
引用したものを始め、解りやすい資料を多用しながらの
玉川講師のお話は楽しく、今回もまたまた時間オーバー。
  RIMG1027.JPG  RIMG1026.JPG
 
又、今回も東京電力さんのご協力を得てIH クッキングヒーターを使っての
調理実習及び試食会も行われました。
前回は、イタリアンでしたが今回は「中華」です。
 ・鮭とレタスのチャーハン
 ・鶏唐揚げの黒酢だれかけ
 ・牛肉とカラフル野菜のオイスター炒め
 ・やわらか杏仁フルーツ    と豪華版!!
  RIMG0998.JPG  RIMG1020.JPG
  RIMG1022.JPG  RIMG1023.JPG
ちょっとした料理のポイントなども教えていただき、お腹も心も満腹。
有意義な一日を過ごすことができました。
   【次回の予定】
     2月28日(土) 13:00~
     「高断熱・高気密住宅の落とし穴」
     「地熱住宅のデメリットとは?」 等々、様々な疑問、ご質問にお答えいたします。
     今回のみの参加ももちろん大歓迎です。
     詳しくは追ってHPでお知らせいたしますので是非ご覧ください。
板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 檜 ツーバイフォー(2×4)の家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅 外断熱と2重通気・外装工事

断熱材50ミリを隙間なく張り、その上に「透湿・防水シート」を
重ね貼りをしていきます。
*(内部からの湿気を逃がし、外部からの雨水を防ぐため)
外装材(サイディング)を取り付けるためと、通気層を設けるため
下地材として防腐処理をした木材(胴縁材)を取り付けます。
*空気は最高の断熱材 : 熱を断つには熱伝導性の低いものほどよく
                空気と水はこの代表です。
  08.11.20%20021.jpg  08.12.3%20021.jpg  08.12.3%20023.jpg
外断熱工法地熱住宅はは2重通気工法といえます。
・構造体の内部を暖まった空気は上昇するという特徴を利用し余分な熱と湿気を排出させます。
 そのため、構造体内部は余分な湿気が少なく壁体内結露の心配がありません。
・外壁部分は構造体外側の通気となり最高の断熱材となります。
  08.12.26%20001.jpg  08.12.26%20002.jpg   09.1.20%20045.jpg
  これで外断熱・気密工事・外部工事完了。
        外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

祝、平成生まれの新成人

昨日は成人式でしたネ。
街中でも、晴れ着姿のお嬢さんたちをよく見かけました。
いつもは活発な私の姪も、この日は着慣れない
振り袖姿に少し緊張気味(?)
年々少子化が進み、今年は史上最低の成人数とか
ますます高齢化の傾向にあるようですが
今年は平成生まれが初めて新成人となりました。
早いもので、当時の小渕官房長官が「平成」の額を掲げていたのが
ついこの間のように思い出されます。
まさに、光陰矢の如し!
月日の流れが速く感じられるのは・・・のせいでしょうか?
厳しい社会状況ですが頑張れ新成人!!
                    外断熱・地熱住宅・板橋の工務店(株)渡辺ハウジング 渡辺 

外断熱 地熱 檜 ツーバイフォー(2×4)の家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

地熱住宅勉強会のご報告(1)

11月29日(土)スイッチステーション上野にて
地熱住宅勉強会第一講座、無事終了のご報告。
今回のテーマは「高断熱・高気密住宅って何ですか?」に基ずく
玉川講師の話に、参加者の皆さんも熱心に耳を傾けていました。
時折、ユーモアを交えての勉強会は和気あいあいのうちに終了。
一回の講義だけでは判りにくいところは、資料をお渡しし
次回までに復習、予習をしてきていただくよう約束。
   RIMG0948.JPG
又、今回は、東京電力さんのご協力を得て、IHクッキングヒーターを
使っての調理実習及び試食会も行われ、普段は台所に立たない
男性陣もエプロン姿で参加。
    RIMG0934.JPG
    RIMG0943.JPG
出来上がった、お料理は全員で試食、
おいしい笑顔が広がりました。
これを機にお料理が趣味という男性が増えるかも?
   RIMG0946.JPG
引き続き
・第二講座  21年1月24日(土)
        「地中熱利用の原理、原則」
・第三講座  21年2月28日(土)
        「高断熱、高気密住宅の落とし穴」
        「地熱住宅のデメリットとは?」
・バス見学会(完成まじかの地熱住宅及びOB宅) 2月初旬予定
お時間がありましたら是非ご参加ください。
一緒に勉強しましょう!!
 
                    板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 檜 ツーバイフォー(2×4)の家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

外断熱・地熱住宅 平屋

千葉県市川市で外断熱地熱住宅の平屋を着工いたしました。
冬晴れの下、無事完成を祈念し地鎮祭を執り行いました。
いよいよ建築工事の始まりです。
  
  RIMG0892.JPG  RIMG0897.JPG
  RIMG0912.JPG  RIMG0915.JPG
  RIMG0919.JPG  RIMG0930.JPG
 
                    外断熱・地熱住宅に取り組んでいる(株)渡辺ハウジング  渡辺

外断熱 地熱 檜 ツーバイフォー(2×4)の家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅 外壁断熱・気密工事

屋根の断熱・気密工事が完了し外壁断熱・気密工事に着手。
屋根の、下地材に使用した物と同じ特殊加工された材を下から柱・間柱等に取り付けていきます。
また、同じように気密テープを縦・横の継ぎ目に貼り気密性能を確実に発揮できるよう施工します。
  08.11.7%20035.jpg  08.11.7%20037.jpg  08.11.7%20026.jpg
その上に、断熱材50ミリのポリエチレンフォーム保温板を隙間なく張っていきます。
外断熱では設備工事等で壁面に穴をあけるため完全に、気密・断熱補修をします。
この補修が非常に大切です。
  08.11.7%20070.jpg  08.11.20%20011.jpg  08.12.3%20011.jpg
  08.11.20%20021.jpg  08.11.20%20017.jpg
     外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 注文住宅 リフォームの家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅(防蟻処理2)

今回は、木材の防蟻のため前回使用しました液状の炭塗料(ヘルスコ・キュアー)を
基礎内部、土台等に塗ります。
  08.11.4%20060.jpg
職人さんが床下にもぐり炭塗料を施工しています。
  08.11.4%20038.jpg  08.11.7%20001.jpg
土台、柱、根太等を施工しています。
  08.11.7%20046.jpg  08.11.7%20047.jpg
基礎の内部も当然施工、床下炭だらけで真黒です。
*ヘルスコ・キュアーって何?
ヘルスコ・キュアーは、従来の床下調湿剤と違い、常温硬化型・低臭・水性の忌避剤を
加えて、微粉末木炭と絶妙のバランスで配合して開発された独自の防蟻防腐剤です。
シロアリ対策・防腐効果はもちろん、自己消化性を持つ難燃性素材ですので、火災時の
延焼もありません。
薬剤を使用しない、自然素材から作られた防蟻・防腐剤なので安心して使用できます。
その他の効果として、独特の吸着効果により、有害ガスや悪臭を分解し、消臭力を保ちます。
マイナスイオン効果もあり有害なプラスイオンを中和し、空気を浄化します。
この商品はNPO法人「日本自然素材研究開発協議会」の認定商品です、より引用。
  外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店  (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 注文住宅 リフォームの家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅 屋根断熱・気密工事・屋根完了

過日の上棟後、引き続き屋根の下地材として「捨て垂木」を取り付けます。(たる木と呼びます)
その上に気密性を確保するために特殊加工された下地板材(野地板と呼びます)を
張りあげ、縦・横両方の継ぎ目には気密テープを貼り更に気密性能を上げます。
   *特殊加工された野地板とは
【耐水・耐候処理された4層の長尺繊維板に、アルミ箔とポリエチレンフィルムの
  表裏被膜材を耐水接着剤を使用し、圧縮・圧着した積層板、多孔性材料ではないので
  空気の侵入をコントロールし、断熱効果も高め、冷暖房エネルギーを節約します。
  また、防水処理も施してあります】
  08.10.8%20007.jpg  08.10.8%20011.jpg  08.10.8%20016.jpg
                         表:ポリエチレンフィルム被膜材   裏:アルミニウム箔被膜材                
次工程は、特殊加工野地板の上に断熱材75ミリのポリエチレンフォーム保温板を隙間なく
敷きつめていきます。
  08.10.14%20007.jpg   08.10.14%20013.jpg
その上から、「本垂木」を取り付け、更にその本垂木の間に断熱材40ミリの
 ポリエチレンフォーム保温板を重ね、2層にして断熱層を115ミリの厚さにします。
最後に、本野地合板を張り屋根断熱・気密工事の完了です。
  09.1.10%20014.jpg  RIMG0062.JPG  08.10.17%20010.jpg
  屋根葺きをし屋根工事完了。
  
  08.10.22%20003.jpg  08.11.7%20076.jpg
      外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 注文住宅 リフォームの家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅 上棟しました

秋晴れの良き日、上棟しました。
棟梁、ご苦労さまです。
  08.10.4%20045.jpg  08.10.4%20072.jpg  08.10.4%20073.jpg
 
    土台敷き完了            大黒柱が建ちました(茶紙で養生してあります)
  08.10.4%20109.jpg  08.10.4%20112.jpg  08.10.4%20118.jpg
       施主様、棟梁、工事責任者で 工事の安全を祈念し無事上棟
    外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

外断熱 地熱 注文住宅 リフォームの家づくりは東京・板橋の【渡辺ハウジング】

大黒柱のある地熱住宅(基礎外断熱の防蟻処理)

熱伝導型地熱住宅では床下も室内と考えています。
したがって、完全外断熱工法とし基礎の外側に断熱材を施します。
外気が、行き来してしまう従来型の床下のままでは、地中に蓄えられた熱が
建物には伝わらないので、熱伝導型地熱住宅では床下まで断熱材ですっぽり覆い、
地中、土間コンクリートから床下にかけて「蓄熱帯」や「蓄冷帯」をつくって「床冷暖房」の
ような役目をさせるため、人体に無害な防蟻処理が必要になります。
  
  RIMG0842.JPG   RIMG0776.JPG  RIMG0800.JPG
外側の白いのが、防蟻処理された断熱材(パフォームガード)です。
 *人体に無害な防蟻処理が施されています。
 *防蟻性能が半永久的に持続します。
 *成分の自然分解がないので土壌汚染もなく、地球環境に害を及ぼすことはありません。
また、特定フロン、代替フロンなど一切使用していないので、地球環境にやさしく、
しかも水に強い素材(耐水性に優れ、長期間にわたり吸水性が小さい)で経年変化が少なく
長期にわたって断熱性能が維持されます。
万が一、白アリが基礎コンクリートと断熱材の間を上がってきたときに阻止するため
人体に無害な防蟻薬剤(シラフルオへン)を含むフクビのアリダンGAテープ(防蟻、防湿)を使います。
  RIMG0798.JPG
さらに、EVA樹脂を使用し、防蟻用薬剤が混入されていているフクビの土台ガードEXを敷きます。
これは厚みが0.5mm、幅が230mmあるので基礎外周部にはみ出し、そのはみ出し部分が
「蟻返し」の役目を果たします。
  
  RIMG0793.JPG
最後に、液状の炭塗料(ヘルスコ・キュアー)を土台の裏に先行塗布。
 *床下からの臭いも、独特の吸着効果により、有害ガスや悪臭を分解し、消臭力を保ちます。
 *特殊微粉末木炭と天然鉱石を配合することにより、シロアリを死滅させる効果があります。
 *家と住む人を活性化させ、環境汚染も防ぐマイナスイオン効果があります。
住宅を長持ちさせる自然素材塗料、薬剤を使用しない、自然素材から作られた、防蟻、防腐材。
   RIMG0795.JPG   RIMG0788.JPG   RIMG0796.JPG
        地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺


外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱◆Watanabe-Housing◆外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱

大黒柱のある地熱住宅(基礎編、基礎外断熱)

外周の型枠に断熱材を取り付け、生コンクリートを打ち込みコンクリートと一体にした後、
型枠を解体し、これで基礎工事の完了です。
なぜ、基礎外断熱をするのでしょうか?
基礎外周を断熱材で断熱することは、熱伝導型地熱住宅では大変重要なことで、
建物の床下も室内と考え地中熱を活用するためです。
地中の熱を活用するためには、基礎周りからの冷え込みを抑えることが最も効果的なのです。
床下地中を地下5メートルまでの大蓄熱層にするために、建物の基礎までを断熱材で
すっぽり覆うわけです。
これで、基礎や土間のコンクリート部分すべてを蓄熱(畜冷)体として活用することができます。
*詳しくは小冊子「外断熱の地熱住宅」で紹介していますので、是非お読みください。
  RIMG0693.JPG  RIMG0774.JPG
       地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺


外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱◆Watanabe-Housing◆外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱