スタッフブログ

スタッフブログ

祈り

3年前の3月11日、日本のみならず世界中を震撼させた東日本大震災が

起きました。

あの恐怖は、誰もの胸に刻まれて忘れることができません。

かけがいのない命を奪われてしまった多くの方々、被災されたご家族、

未だ復興がままならぬ現況に心が痛みます。

今、私達にできることはあの日の出来事を風化させず、尊い教訓として

語り継ぐことです。

大切な故郷がよみがえり、そこに暮らす皆さんに笑顔が戻る日が1日でも

早くなることを願っています。

東北地方では、まだ寒い日がしばらく続くと思いますが、お身体大切に

お過ごしください!!

                  渡辺ハウジング 社員一同

♪♪ハッピーバースデー・・・♪♪

昨日は、当社代表・渡辺の誕生日でした。

何歳になったのかは秘密ですが、たくさんの方からお祝いメッセージをいただき

喜んでいます。 ありがとうございました。

ところで、誕生日の歌って日本語訳があるのでしょうか?

あるのかもしれないけれど、未だ聞いたことがありません。

でも、普段は英語に馴染みの少ないおじいちゃん、おばあちゃんや幼い子供まで

♪♪ハッピーバースデー トーユー・・・♪♪ と、手拍子を打ちながら歌っている姿は

心が和みます。

やさしい雰囲気に包まれるのなら、日本語に拘らず英語のままでもいいのかも

しれませんね。

   ますます元気で頑張ってください!         渡辺 田鶴子

チューリップの伝説

春の代表的な花のひとつにチューリップがあげられますね。

チューリップにまつわる伝説はいくつかありますが、その内のオランダの

伝説をご紹介します。

その昔、美しい娘が三人の王子から、それぞれ「王冠」「剣」「金の塊」を

贈られ求愛を受けました。けれど、娘は誰を選んでよいか悩み困り果て、

花の精に頼んで自分を花の姿に変えてしまいました。

王冠に似た美しい花、剣の鋭さを秘めた緑の葉、地中には純金の塊に

似た球根を併せ持った花。

これがチューリップと呼ばれるようになったそうです。

花言葉は、「博愛」「恋」・・・とか『愛』に関するものが多いのですが、

色によって異なるため、贈る際には注意が必要です。

                        渡辺 田鶴子 

ひな祭り

3月3日はひな祭りです。

お祓いの人形(ひとがた)に、身の穢れを移して水に流し清めるという

「流しびな」の行事が原点ですが、現在では、ひな人形を飾り、女の子の

健やかな成長、幸せ、良縁を願う年中行事となりました。

又、ひな祭りは「桃の節句」ともいわれますが、これは、季節の変わり目は

体調を崩しやすいことから、魔除けの力があるとされる桃の花を飾り、

無病息災を願うことに由来されています。

♪♪ 明かりをつけましょぼんぼりに、お花をあげましょ桃の花・・・♪♪

  楽しい1日をお過ごしくださいね。       渡辺 田鶴子

お互いさま

ひとは一人では生きていけません。

地域、職場、隣人同志どこかで迷惑をかけ合いながら生きているのです。

それぞれの存在によって社会が成り立っているのですから、

当然ながら、「自分でできることは自分でする」 のが基本です。

でも、誰でも年をとり、いやでも病気になってしまう時もあります。

可能な限り自分のことは自分でした上で、それでも困った時は誰かに

助けを求めていいのです。

ふだんから程良い距離感を保ちつつ、困っているな? 変だな?と

思ったら、知らん顔をせず、近くにいる人が声をかけて助け合う。

それがお互いさまです。

 優しい社会になることを願っています。    渡辺 田鶴子

早い春を楽しむ

雪が降るほどの寒さから一転し、今日は春の暖かさ。

湯島天神、亀戸天神や羽根木公園など梅の名所として知られる各地で

花の見頃を迎え、多くの人たちで賑わっているようです。

桜の花と違って華やかさはありませんが、上品な佇まいと優しい香りが

訪れる人たちを和ませてくれます。

本格的な春が待ち遠しいこの頃、ちょっと出かけて一足早い春を楽しんで

みてはいかがでしょうか?

                        渡辺 田鶴子

 

ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)・・・?

明日2月22日が「猫の日」というのをご存知でしたか?

私は知らなくて・・・???

全国の愛猫家からの公募の結果、ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)という

猫の鳴き声の語呂合わせから、1987年に制定されたそうです。

ちなみに、ロシアでは3月1日、アメリカでは10月29日とのことです。

いろんな記念日があるのですね。

あなたはネコ派、それとも犬派?

  私は、猫を飼ったことがなくて犬派です。     渡辺 田鶴子

・・・ザウルス

所用で出掛けた上野で見かけた、長~い列と「ただ今50分待ち」の

プラカード。

一体何事かと思い、近くまで行ってみると国立科学博物館で開催中の

【大恐竜展】への入館を待つ人たちの列でした。

モンゴル・ゴビ砂漠で発見された実物の恐竜化石も展示されているそう。

子供の頃、●●●ザウルスに興味を持った方には懐かしいかもしれません。

2月23日まで開催されていますので、お出掛けになっては如何ですか?

  ただし待ち時間は覚悟の上で!         渡辺 田鶴子

スィートそれともビター?

今日はバレンタインデー。

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、

これは、製菓会社が販売促進のキャンペーンを展開したことが始まりです。

当初は全く売り上げが伸びなかったそうですが、だんだんと女性誌などでも

とりあげられたりして今や年間で最もチョコレートの売れる国民的行事(?)

になりました。

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ・・・

そして自分へのご褒美として買う我チョこなど、知らない間に企業の作戦に

乗せられてしまったようです。

今日のチョコレートの味は、スィートそれともビター?

   お幸せな1日を!                 渡辺 田鶴子

 

 

都心でも思わぬ大雪

低気圧の影響で、日本列島は大雪に包まれました。

都心でも20年ぶりに20センチを超す積雪で対応に追われました。

交通マヒによる足止め、転んで怪我をする人たちも続出、慣れない

雪かきに大わらわ・・・の週末でしたね。

室内から眺める景色はきれいですが、後始末も大変なので、

できれば、ハラハラと舞う程度ですんでくれたらと思います。

皆さんの周辺での影響は如何でしたでしょうか? 

子供たちにつられ、思わず私も雪だるま作りに挑戦しましたが、

雪を丸めるのって結構難しかったです。

   童心に帰った1日。            渡辺 田鶴子

「霜柱」み~つけた

節分が過ぎ、春が来たとたん、東京にも雪が降りました。

屋根や車に雪が残る今朝の通勤途中、「霜柱」を見つけました。

大地から生え出したかのような白い氷の柱。

地球温暖化や道路が舗装された為、最近はあまり見かけませんが

寒い朝、霜柱をサクサクと踏みながら歩いたことを思い出しました。

 懐かしいです。                渡辺 田鶴子

 

 

 

「福は内!鬼は外!」

今日は節分です。 

節分とは、季節の変わり目を指し、春夏秋冬の年4回ありますが、

旧暦では、立春が年の始まりにあたるため、節分は大晦日と考えられ

最も尊いとされていたようです。

心身ともに健康で新しい年を迎える為に、炒った大豆で悪い鬼を追い出し、

福を呼ぶ豆まきが年中行事の1つとして今も残っています。

「福は内!鬼は外!」

最近ではあまり聞かれなくなりましたが、

元気な声で豆をまき、福を呼び込みませんか?

 いよいよ暖かな春到来!です。            渡辺 田鶴子

【一陽来復】

【一陽来復】・・・凶事が去って吉事が巡ってくること。

これは、早稲田の穴八幡宮で配布される「金運」「商売繁盛」にご利益が

あるとされるお守りですが、今ひそかなブームになっているそう。

冬至から節分までの期間限定ということもあり、配布初日や休日には

1~2時間待ちもざらというほどの人気ぶりです。

このお守り、手に入れたからと言って、すぐ飾るのはご法度で、冬至、大晦日、節分の

夜中12時に、その年の恵方に向け、壁か天井の高い所に貼るというきまりまであります。

だからこそご利益があると思われるのかもしれませんね。

 かくいう私も買ってきました。 期待がふくらみます。      

                                                      渡辺 田鶴子

だるまさん

西新井大師で「だるま」を買ってきました。

ここは、火伏せの大師ともいわれ厄災全般にご利益があるそうです。

毎月21日が縁日で、この日は大勢の人が訪れますが、特に1月は初詣を兼ね

とても混雑します。 

この時期、境内には数十件のだるま屋が並び、魔除けや願い事を託すだるまを

買い求める人たちで普段以上の賑わい振りです。

また、参道には昔からの手焼きせんべいや草団子を売るお店もあり、おみやげ

としても喜ばれています。

   健康・開運・工事の安全を願って・・・       渡辺 田鶴子

ストレスを味方に・・・

S スポーツ(運動)

T トラベル(旅行)

R リクリエーション(休養)

E イート(食事)

S スリープ(睡眠)

S スマイル(笑顔)

ストレスは悪者の代表のように思われがちですが、向き合い方によっては

良にも悪にもなります。

人間、いつも緊張していると、疲れて思考回路にも異常をきたします。

よく寝て、おいしいものを食べ、適度に休みを取り、気分転換の旅行に出かけ、

笑顔を心がけ、運動を楽しみましょう!

これでストレスを味方にできるはずです。        渡辺 田鶴子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一針に祈りを込めて・・・

銀座で開催された、日本刺繍作家「草乃しずかさんの世界展」へ

行ってきました。

この展覧会では、東日本大震災で犠牲になった方たちへ思いを込めて

創作された「命の花筏~あなたを忘れない」や、未来の子供達へ向けた

新作も紹介されています。

気の遠くなるような細かい作業ですが、いつしか一針一針が祈りの行為に

なっていたとおっしゃる先生の想いが伝わってきます。

   とても幸せな時間を過ごしました。       渡辺 田鶴子

命をいただく・・・

皆さん、これなんだと思いますか?

知り合いからいただきましたが最初???

実は、1つ1つ大切に袋詰めされたみかんです。

姿も可愛いけれど、お味もびっくりするほど甘くておいしいんです。

大切に大切に育てた生産者の方たちの思いが凝縮されているのですね。

私たちが普段口にする肉、魚、野菜、果物・・・すべて命をいただいています。

もっと感謝の念を持たなければと、あらためて思います。

  貴重なものを有難うございました。      渡辺 田鶴子

 

 

 

 

成人の日

昨日は、「成人の日」でしたね。

皆さんの周りにもどなたかいらしたでしょうか?

今年は、121万人が新成人としての第1歩を踏み出しました。

大人としての自覚を胸に刻み、力強く歩んでほしいと思います。

毎年行われるアンケート調査によると、今年の新成人は【堅実志向型】

大切にしたいものは「お金」。増やしたい時間は「勉強」と答えた人が

最も多かったそうです。

堅実さはもちろん大切ですが、豊かな未来を築くための柔軟な発想や

チャレンジ精神も期待したいですね。 

 おめでとうそして頑張れ新成人!!        渡辺 田鶴子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡開き

お正月に、神(年神)さまや仏さまに供えた鏡餅をさげて食べる行事。

神仏に感謝しつつ、供えられたお餅を、お雑煮やお汁粉に入れて

いただき、1年間の無病息災を祈ります。

古くから続く伝統行事には、それぞれ深い意味があるのですね。

私は、ゆであずきの缶詰を買ってお汁粉を作りました。

  心とからだがほっこりします。          渡辺 田鶴子

 

み~んな我が子(?)です

今年もたくさんの方からお年賀状をいただきました。

普段はなかなかお会いできない方々も、1枚の葉書を通じて

それぞれの近況を知ることができ、お元気な様子に安堵します。

中でもとりわけ嬉しいのは、当社で建てさせていただいたお宅の

お子さん達の成長ぶりを拝見できることです。

当時はまだ幼かった彼らが、年々逞しく、健やかに成長している姿は

まぶしいくらい輝いています。

また、新たにお子さんが誕生という嬉しいお知らせがあったり・・・

ご家族が健康でお幸せに暮らせる住まいづくりの責任をあらためて

実感しています。

たくさんの「笑顔があふれる住まいづくり」を目指して参りますので

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

   み~んな我が子(?)です。        渡辺 田鶴子