スタッフブログ

スタッフブログ

大寒

1年を通じ最も寒さの厳しい時期を迎えました。

この時期に行う武道の稽古を「寒稽古」といい、寒さに

耐える体力と精神力を養うのに最適とされています。

急激な温度の変化にさらされ、風邪をひきやすい頃でも

ありますので、体調管理をしっかりしましょう。

そろそろフキの花も咲き始め、春も間近かです。

春~よ来い、早~く来い・・・   渡辺 田鶴子

 

都心でも、積雪5センチ?

低気圧の影響で、北日本と東日本の太平洋側を中心に大雪の

恐れがあるとの発表がありました。

都心でも雪が積もり、朝の通勤・通学に影響が出たようです。

年末から年始にかけ、穏やかな日が続いたため、この寒さは

応えますね。

雪景色はきれいだけれど、路面が滑って足元がおぼつかない

・・・など生活面では何かと支障が発生します。

雪国のご苦労が、こんな時あらためてわかりますね。

気を付けてお過ごしください。     渡辺 田鶴子

頑張れ!子供達。

学習塾の前にズラリと並べられた自転車の列。

新年早々から熱心に勉強する子供達の多いことに

びっくり。

しかも夕方、家族で食卓を囲む前に塾通い。

親にとっても子供にとっても、大変な時代になり

ましたね。

頑張れ!!         渡辺 田鶴子

笑い声がこだまする社会へ・・・

昨日は成人式でしたね。

今年は、約120万の人たちが大人の仲間入りをしました。

夢や希望が溢れる若者の門出をお祝いする式典が各地で開催

されましたが、今年も一部の地域で進行妨害や暴走する姿が

テレビに映されました。

有り余るエネルギーを、もっと違う形で使ったら素晴らしい

のに・・・残念です。

笑い声がこだまする、そんな社会になりますように!

おめでとうございます。        渡辺 田鶴子

CAT ART美術館

  • 「真珠のイヤリングをした少女猫」
  • 「モニャ・リザの微笑み」

池袋のデパートで開催されたCAT ART美術館展。

誰もが知る世界の名画の主人公が、すべて猫ちゃんに変身。

ミレー、ドガ、ゴーギャン、フェルメール、マネ、クリムト、

そして北斎や歌麿などなど・・・思いがけない発想にクスリ。

著名な芸術家の存在が身近に感じられたひと時。

楽しかった!!           渡辺 田鶴子

新年のご挨拶

皆様お揃いで、良い新年をお迎えのことと思います。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

日々笑顔  日々無事  日々円満

日々健康  日々充実  日々感謝

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

渡辺ハウジング社員一同

年末のご挨拶

今年もいよいよ残り少なくなって参りました。

皆様のお力添えをいただき、おかげさまで今年も無事に

過ごせましたこと、心より感謝申し上げます。

くる年も、日々穏やかである ことを願います。

なお12月29日より1月3日まで休業とさせていただきます。

何かとご不便をおかけしますが、ご了承ください。

皆様お揃いで、どうぞ良いお年をお迎えください!!

ありがとうございました。

渡辺ハウジング 社員一同

な・なんと贅沢な・・・

今年もいよいよ残り少なくなってきましたね。

今週は、1年で一番こころ華やぐクリスマス・ウィーク。

デパートの食品売り場ではクリスマスケーキとおせちの

同時売り込みに買う方も売る方も必死。

館内の暖房が不要なほどの熱気に包まれています。

さて、雑誌にこんな広告がありました。

「犬のためのクリスマス料理とおせちは如何ですか?」

な・なんと贅沢なワンちゃん。

こんなごちそうを用意してもらえるなんて幸せですね。

楽しいクリスマスを!       渡辺 田鶴子

情熱の花「ポインセチア」

クリスマスフラワーの別名を持ち、クリスマスには欠かせない

花鉢として知られていますが、北欧では赤い色は「魔除け」の

力があるとも言われ愛好されています。

赤の他、クリーム、ピンク、マーブルなどのバリエーションが

あり、この時期、花屋さんの店先を華やかに飾っています。

花言葉は「私の心は燃えています」

いかにも原産地メキシコの情熱を感じますね。

すてきなクリスマスを!        渡辺 田鶴子

贅沢なひと時

知人から頂いたチケットでイタリア音楽を楽しんだ一夜。

会場は、東京芸術大学に併設されたホール奏楽堂。

正面には重厚なパイプオルガンが設置され豪華な雰囲気の

中で奏でられる名曲の数々。

ヴィヴァルディの四季

ロッシーニの歌劇≪ウイリアム・テル≫序曲

ヴェルディの歌劇≪運命の力≫序曲    等など

一度は耳にしたことがある有名な曲を生のオーケストラで

楽しむ贅沢な時間。

忙しい年末のひと時、幸せな時を過ごすことができました。

知人に感謝です。         渡辺 田鶴子

毛糸のぬくもりが恋しい季節

落ち葉が風に舞い、いよいよ冬の訪れを感じます。

冷たい木枯らしが吹き、寒さが身に染みる頃になると、

毛糸のぬくもりが恋しくなりますね。

先日、編み物をしている女性を見かけました。

最近では珍しい光景になってしまいましたが、毛糸と

いう細い線が面になっていくさまは見ていて楽しいも

のです。

手編みのセーターを着ている人に出会うと、つい尋ね

たくなります。「誰が編んだの?」って。

ひとつひとつの網目に込められた「気持ち」が感じら

れるからかもしれません。

これから、ますます朝晩の冷え込みが厳しくなってき

ますので、風邪などひかないよう暖かくしてお過ごし

ください。          渡辺 田鶴子

 

師走に紅葉?

大雪(たいせつ)

山々は雪に覆われ、本格的な冬の到来が目に見えてわかる時節。

その名の通り、野山が雪化粧された美しい風景を想像しますが、

今年は暖かい日が続いたせいか、都内では今頃になってやっと

樹木が色づき始めました。

こんなに暖かいと身体を動かすのには楽ですが、師走に紅葉?

と何だか違和感を覚えます。

地球温暖化による影響かもしれませんが、いろいろなところに

あらわれる変化に一喜一憂する私たち。

全ての生き物が住みやすい環境を守りたいですね。

黄色いイチョウが好きです。       渡辺 田鶴子

自分なりの目標に向けて

仕事で大きな結果を出している人や、独自の理論で

仕事を展開している人たちの行動や結果だけを見て、

圧倒されることが時にはあるかも知れません。

この人と自分とは最初から何が違うのだろうか?
自分にはとてもここまでは出来ない・・・。

などと感じて落ち込み、意味もなく不安になったり
萎縮してしまうこともあるのではないでしょうか。

でも「今の自分に出来ること」を、できるだけ実践

していくしか成長する方法はないのです。

上を見上げ、圧倒されて萎縮するよりも、彼らには
無いものを目指そうと思ったほうがいいのです。

例えば、オリンピックのメダリストの競技を見て、

自分とはレベルが違いすぎるからやめようと思う人は

いませんよね。

それと同じで、大切なのは自分の目標を決め、
そこに到達できるまで努力を続けることです。

頑張りましょう!        渡辺 田鶴子

素直な気持ちって・・・

素直な気持ちって、

「自分の能力なんてこんなものです。

これ位しかありません」って、自分の力を受け入れることだと

思います。

自分の能力を素直に受け止めることで、そこから努力が始まる

のではないでしょうか?

まだまだ努力が足りません。

素直にならなければ・・・       渡辺 田鶴子

 

花園神社・酉の市

昨日は二の酉でしたね。

酉の市は、江戸時代から続く年中行事で師走を迎える街に欠かせ

ない風物詩のひとつです。

浅草をはじめ各神社で酉の市が開かれますが、新宿の花園神社は、

明治時代から始まり、今では60万人ほどの人が訪れるそうです。

境内では、商売繁盛や開運招福を願う縁起物の熊手を商う露店が

軒を連ね、賑やかな声が響きます。

例年より暖かいせいかまだ年末の実感はありませんが、これから

何かと忙しくなりますので、健康にはくれぐれも気を付けてお過

ごしくださいね。

三の酉まである年は火事が多いとの俗説がありますので、火の元

にも十分注意しましょう。

熊手のご利益がありますように!      渡辺 田鶴子

後姿をパチリ

11月15日は七五三でした。

前日からの雨も午後には青空がのぞき、近所の神社でも七五三詣りの

ご家族の姿が見うけられました。

和服姿の可愛いい男の子がいたので、写真を撮らせてほしいとお願い

したら、「恥ずかしいので顔を写すのは嫌」ということで、後姿だけ

パチリ。

最近は、男の子の着物姿が増えたようですがなんとも素敵。

照れている本人より、ご家族の幸せそうなお顔が印象的でした。

おめでとうございます。

健やかな成長をお祈りいたします。       渡辺 田鶴子

思わぬ出会いに心和む・・・

秋も深まり、朝晩は肌寒さを覚える頃になりましたね。

日が落ちるのも早く感じられますが、日中の貴重な時間を使って

時々近所を散歩することがあります。

今の時期は、紅葉した木々の美しさに足を止めたり、公園で遊ぶ

子供たちの姿に見とれたり・・・と思わぬ出会いに心が和みます。

先日立ち寄った公園でもこんなものを見つけました。

「げんこつやまのたぬきさん」の歌詞が書かれた可愛いい小さな

石の椅子。

母子で座って、一緒に歌うのでしょうか?

ほほえましい姿を想像しました。      渡辺 田鶴子

 

秋の夜長に、読書は如何ですか?

10月27日から始まっている読書週間。

これは1947年11月に第1回読書週間として始められ、第2回以降、

この運動は全国に広がり、日本は世界有数の「本を読む国民の国」と

なりました。

電子メディアの発達に伴い世界の情報伝達の流れは大きく変わりつつ

ありますが、人間性を育て形作るのに本が重要な役割を果たすことに

変わりはありません。

読書は苦手という方も、日常の暮らしの中に、新しい感覚での本との

付き合い方を取り入れてみませんか?

見知らぬ世界と出会うかもしれませんよ。

秋の夜長を静かに楽しみましょう。      渡辺 田鶴子

 

ハッピー・ハロウィン!

毎年10月31日に行われるハロウィン。

古代ケルト人が起源と考えられているお祭りです。

もともとは、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い払うという宗教的な

意味合いのある行事でしたが、現代では民間行事として定着しつつ

あるようです。

欧米文化であるハロウィンですが、近年では、日本のハロウィンが

海外で話題になるほど一般的なイベントとして浸透してきました。

その盛り上がりぶりは経済効果にも大きな影響を与え、2月14日の

バレンタインデーを上回る勢いとか?

思い思いの衣装やメークを楽しみながら日常のストレスを発散する

人もいるそうですが、皆さんはどのように過ごしますか?

どうぞ楽しいハロウィンを!        渡辺 田鶴子

コスモスフェスティバル

友人に教えてもらった鴻巣市の「コスモスアリーナふきあげ」に

行ってきました。

ここでは荒川堤防沿約4.5kmと、鴻巣市コスモスアリーナ周辺に

植えられた約1000万本のコスモスが楽しめます。

地元の人たちが手入れを続けた濃紅色、桃色、白色そして黄色の

コスモスが、広大な敷地を色鮮やかに埋め尽くします。

圧巻! コスモス好きにはたまりません。

開花に合わせて、模擬店やフリーマーケット、特設ステージでの

様々なイベントも開催され、毎年多くの人で賑わうそうです。

コスモスの花摘みもでき、一人5本までは無料で持ち帰ることが

できるのも嬉しいですね。

和名「秋桜」

花言葉は「まごころ」

秋の1日を楽しみました。       渡辺 田鶴子