スタッフブログ

スタッフブログ

至福のとき・・・

歌舞伎界を代表する名女形・坂東玉三郎さんと

和太鼓集団・鼓童の共演による舞台を観てきま

した。

「羽衣」「道成寺」「石橋」など能の代表作を

題材に、玉三郎さんの優雅な舞と太鼓の響きが

一体となり、まさに幽玄の世界。

長く育まれた日本文化の素晴らしさに感動した

至福の時間でした。

しあわせ!         渡辺 田鶴子

ぶらり「都電でレトロ旅」

都電に乗ってきました。

三ノ輪~早稲田を運行する東京に残る唯一の電車で、

江ノ電と並び人気度の高い乗り物です。

5月31日までは「都電バラ号」も運行中で、沿線

だけでなく、都電の車窓からも様々な品種のバラの

花を楽しむことができます。

庶民の足としても愛されている都電に乗って小さな

レトロ旅。

皆さんも是非!        渡辺 田鶴子

「母の日」に・・・

5月の第2日曜日は母の日でしたね。

皆さんは、どんな時間を過ごされたのでしょうか?

昨秋に母を失くした私は、あらためてその存在の

大きさを実感した日になりました。

何も言わなくても、傍でただ見守ってくれる人が

いるということの安心感、幸せを今思います。

皆さん、お母さんを大切にしてくださいね。

ありがとう!         渡辺 田鶴子

ありがとうございました!

晴天に恵まれた今年のゴールデンウィークも終わり、

今日から仕事再開。

たくさんの楽しい思い出と共にお疲れも残っている

かもしれませんが、また元気に過ごしましょう!

当社では、例年通り、この貴重なお休みを利用して、

「家づくりなんでも相談会」を開催しました。

今年は、新築だけでなく改築やリフォームに関する

ご相談を多くお受けしました。

梅雨に備えての屋根工事や、バリアフリー対策など

一緒に考えさせていただきましたが、ご参考になり

ましたでしょうか?

少しでもお役に立つことができましたら幸いです。

無事終了のご報告と、ご来社いただいた皆さんに

あらためてお礼申し上げます。

(株)渡辺ハウジング

昔も今も変わらぬ思い・・・

5月5日は、端午の節句ともいわれ、男の子の日と

いうイメージが強いのですが、昭和の時代になって、

5月5日は「こどもの日」と制定されました。

それによると、男の子、女の子に関係なくこどもの

人格を重んじ、こどもの幸福を願うと共に母に感謝

する日とされています。

母に感謝するという一文は、知らない人も多いかも

しれませんが素適だと思います。

子供への思いは昔も今も変わりません。

健やかな成長を願います!   渡辺 田鶴子

 

お待ちしています!!

G・W後半も天候に恵まれ、観光地は多くの人たちで

賑わっているようです。

楽しい思い出がたくさん増えるといいですね。

そんな方たちを羨ましく思いながら、当社では今年も

「G・W 家づくりなんでも相談会」を開催中です。

新築だけでなく、増改築やリフォームのご相談は勿論

お住まいに関するお悩みなどございませんか?

普段はなかなか時間が取れなくて・・・とおっしゃる

皆さん、この機会にどうぞお出掛け下さい。

予約制の為、ご希望に沿えない時間帯もあるかもしれ

ませんが、一度お問い合わせください。

皆さんのご来社、お待ちしております!!

(株)渡辺ハウジング

 

風に揺れる「鯉のぼり」

端午の節句に飾られる「鯉のぼり」

大空を自由に泳ぐ姿には、子どもの健やかな成長と、

立派に育ってほしいという願いが込められています。

最近では、川などにロープを張って、色とりどりの

鯉のぼりを風に泳がせるイベントが全国的に見られ

ます。

高知県の四万十川や群馬県万場町などが有名ですが、

私が住むここ板橋区でも見られるようになりました。

規模は小さいけれど、近隣の小学生が手作りしたと

いう可愛い鯉のぼりが爽やかな風に揺れています。

気持ちよさそう・・・     渡辺 田鶴子

 

あるがままに・・・

4月から社会人になられた皆さんも、そろそろ新しい

環境に馴染んだ頃でしょうか。

こんなはずでは?と思うこともあるかもしれませんが、

あるがままに「いま」を受け入れて、日々を楽しむ心、

社会に対して積極的な心こそが、豊かに、幸せに輝き

続ける秘訣なのではないでしょうか。

たくさんの人たちと出会い、さまざまなことを学んで、

逞しく大きく成長してくださいね。

頑張れ!!           渡辺 田鶴子

日々を桜花(謳歌)しましょう!

先週末までは、何とか頑張ってくれた桜も、

今日は冷たい雨に打たれています。

皆さん、お花見を楽しまれましたか?

満開の花の華やぎに包まれる幸せ、または

桜吹雪に立ち尽くす・・・そんな一体感が

桜の魅力かもしれません。

春は出発と出会いの季節。

新たなご縁に人と人とのつながりを改めて

実感します。

花冷えに留意されて、素敵な春を楽しんで

ください!      渡辺 田鶴子

待ち焦がれた桜

天候不順が続いたため、皆が首を長~くして

今か今かと待ち焦がれた桜の時期到来です。

ただひたすら花が開くのを待つ、この1点に

人々の気持ちが集まり、独特の高揚感が日本

列島を包み込みます。

今年はどこへ出掛けましょうか?

あとは好天を祈るばかりです。

桜大好き!       渡辺 田鶴子

雪柳

名前から冬の花と思われますが、桜やチューリップと共に

春の訪れを告げる花のひとつです。

枝が柳の葉に似て細長く、その枝いっぱいに真っ白い花が

咲くことから命名されました。

花が散った地面も、雪がパラパラと積もったようにみえて

きれいです。

が、雪もただ眺めているだけなら美しいのですが、この度、

栃木県の那須スキー場で雪崩が発生し、登山講習会に参加

していた若い命が失われました。

ご冥福を祈ると共に、美と危険を併せ持った自然に畏敬の

念を抱きます。           渡辺 田鶴子

圧巻!「巨大地下空間」

法人会の研修会で、栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」へ。

ここは、1919年(大正8年)~1986年(昭和61年)の約70年を

掛けて大谷石を掘り出して出来た巨大地下空間です。

広さは約2万平方メートル、深さは30メートルにも及びます。

石肌には手掘り時代のツルハシの跡が残り、ずっしりと年輪の

重さを感じさせ、地下巨大建造物を思わせる景観は圧巻です。

また、ここは、コンサートや美術展などのイベントスペースと

しても注目を集めているそうです。

ちなみに今の時期の館内温度は4度。

長時間滞在すると足元から冷えてきますので、お出かけの際は、

暖かい服装でどうぞ。         渡辺 田鶴子

うっとりと夢心地・・・

ぽかぽかとした春の陽気が、眠気を誘う季節ですね。

「うとうと」「うつらうつら」「こっくりこっくり」

眠っている場合じゃないのに、いつの間にか眠って

しまったり、まぶたが下がってきたり・・・

困ったものです。

浅い眠りをあらわすのには様々な言葉がありますが、

中でも「微睡(まどろ)む」は、やわらかな響きで

一番心地よさそうです。

近所の猫ちゃんが、日の当たる窓辺でお昼寝をする

姿を時々見掛けますが、うっとりと夢心地。

気持よさそう!        渡辺 田鶴子

「マスク」どんな時、何のために?

冬から春に向かって増えるマスク人口。

着用の目的は、風邪の予防や感染を防ぐためが多い

ようですが花粉を避けるため、冷たく乾燥した空気

から鼻や喉、肌を守るためという目的もあります。

日本人は、マスク好きと言われますが公衆衛生意識

の高さを象徴する文化とも言えるかもしれません。

最近では、特殊な抗菌加工をしたもの、顔とマスク

の間に隙間ができにくいように立体成形したものも

あります。また、メイクが崩れにくい工夫、更には

ファッションの一部としてカラフルなもの等など…

バリエーションも豊富です。

皆さんは、何を目的に、どんなマスクを選んで活用

しますか?          渡辺 田鶴子

Happy Birthday !

3月9日は、当社代表・渡辺のお誕生日。

FBを通じての友・知人を始め沢山の方々にお祝いの

メッセージをいただきました。

とっても嬉しいです。

子供時代と違い、最近は「おめでとう」といわれると、

つい、「もう、祝ってもらうような齢ではないんです」

なんて言ってしまいますが、本来は、「おめでとう」と

言われる前に、「有難うございます。皆さんのおかげで、

この歳までこうして無事に生きてこられました」と自分

から感謝の意を表するのが筋なのかも知れない、と思う

ようになりました。

いつも私達を支えてくださっている皆様、本当に有難う

ございます。これからも引き続きどうぞよろしくお願い

いたします。          渡辺 田鶴子

 

 

 

ところ変われば・・・

以前話題になったドンキホーテ白金店。

初めて見ました。

プラチナにふさわしく(?)キラキラと輝くまばゆい

外観。

自宅付近にもドンキホーテがありますが、あまりにも

雰囲気が違いビックリ。

やはり場所柄というのでしょうか?

こんなことで驚いているなんて・・・。シロガネーゼ

には程遠い存在です私。     渡辺 田鶴子

桃の節句(ひな祭り)

3月3日はひな祭り。

女の子のいる家庭では、お雛様を飾り、健やかな

成長と幸せを願う日ですね。

ひな祭りは、桃の蕾がほころび、花が咲き始める

頃と重なる為、桃の節句とも呼ばれます。

古来から、桃には邪気をはらう力があるといわれ、

桃の文様は、長寿の象徴を示す吉祥文様としても

人気が高く、着物や帯の柄としてもよく使われて

います。

「桃の節句」も「桃太郎」も、桃の加護を表して

いるそうです。

草木が一斉に芽生え始め、新しい命に春の訪れを

感じるこの時期は、なぜかやさしい気持ちになれ

そう・・・。        渡辺 田鶴子

春の息吹

1月は行く、2月は逃げる…の言葉通り、早くも2月は

今日が最後です。

寒さのため、固く閉じられたままだった梅の蕾もここに

きて花開き、美しい姿をみせてくれます。

草木の芽生えが一斉に始まり、生命の息吹を感じますね。

私達も、冬の間に蓄えていたエネルギーをパワーに変え

元気に過ごしましょう!      渡辺 田鶴子

「嬉しいニャー」

今日2月22日は、「猫の日」だそう。

ご存知でしたか?

私は知りませんでしたが、1987年に、全国の

愛猫家からの公募で数字の「2」「2」「2」と、

「にゃん」「にゃん」「にゃん」の語呂合わせで

この日に制定されたそう。

皆に愛され、何とも幸せな猫ちゃんたちですね。

嬉しいニャー。       渡辺 田鶴子

町内会の「お餅つき」

お隣りの町内会主催のお餅つき。

昔ながらの臼と杵でついたお餅に、婦人部の方が

用意してくれた小豆餡や黄な粉、卸し大根が添え

られ、参加者に配られました。

つきたてのお餅は美味しかったです。

最近では、あまり目にする機会が無くなった光景

ですが、懐かしいですね。

お言葉に甘え、私も軽い杵をお借りし、つかせて

もらいましたが、思ったよりバランスをとるのが

難しい。

それに弾力が強く、杵がはじかれる感じ。

これがまさに「もち肌?」

羨ましい・・・です。     渡辺 田鶴子

1 / 4112345...102030...最後 »