Warning: Creating default object from empty value in /home/ysrg-wh/www/hp/wp-content/themes/ysrg-wh/header.php on line 123
社長ブログ

築30年を超える戸建て住宅、新築それともリフォーム?

今回から、築30年を超える戸建住宅に住む場合、リフォーム

するべきか、建て替えるべきか?

悩むところですが、そのポイントについて解説いたします。

築30年を超える戸建住宅は、ず~っと住み続けている場合は

もちろんですが、例えば実家を相続したり、築30年を超える

古家つきで不動産を購入したりする場合もあります。

ただ、大震災リスクが高まっている可能性や、昨今の住宅省

エネ機運の高まりもあるなか、手を加えずそのまま住むには

安全性や居住性に不安を感じる方々が大半かと思います。

実家を相続、築年数が古い住宅を購入などで築30年を超える

住宅を手に入れた場合、大規模なリフォームを行なってから

ご入居になる方々が多いようです。

築30年超の家をリフォームして住む場合、新築と比較して

総費用が抑えられる可能性がある以外にも様々なメリットが

あります。

□ 今まで住み慣れた住まいの思い出を残せる

家族の歴史を感じられる住み慣れた住まいの想い出を残す

ことは、リフォームならではできること。

● 風情のある雰囲気を保てる

例えば、100年近く経った古民家でもリフォームはできます。

風情のある建物でも、外観はそのままで、内部をスケルトン

(骨組み)状態にし、内装や住宅設備を最新のものに交換する

こともできます。内装については、昔ながらの雰囲気を留め

ながら使える部分だけそのまま残すという方法もあります。

● 建て替えが難しい立地でもリフォームは可能

築30年以上経過して住みにくくなったものの、建築基準法を

はじめとする法的な問題や道路付け(敷地のどの方角に道路が

接しているか)の問題などから建て替えが難しい立地や物件も

あります。リフォームなら、建て替えることではないので、

新築に準じた快適な住まいになります。

今回は、リフォームのメリットについてお話しました。

次回は、デメリットについてお話します。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート