スタッフブログ

夏越の祓い

茅の輪くぐりとも呼ばれています。

茅の輪とは茅という草で編んだ輪で、これををくぐる

ことで今年前半の穢れを祓い、無事に過ごせたことに

感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。

日々生活していると、知らぬ間に、様々な罪や穢れが

生じると考えられてきましたので、神様の力を借りて

それらを祓い、明るい気持で生活ができるようにとの

古来から伝わる神事です。

6月30日に、全国各地の神社で行われている行事で、

昔から夏の風物詩の一つにもなっている為、茅の輪を

見ると、今年も半分過ぎたのか・・・と、感じる人も

多くいるようです。

後半も元気で過ごしましょう!   渡辺 田鶴子

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート