社長ブログ

建築のあれこれ「将来を考えての家づくり(6)」

今回は、一見無駄に思える遊びの空間の必要性について

考えてみましょう。

昔の家には「遊びの空間」がありました。

廊下を走ったりして両親に叱られた記憶はないですか?

また、屋根裏、縁の下、納戸が隠れ場だったり・・・

子どもなりに工夫して、いろいろな場所を遊び場にして

いたんです。

それに比べて今の家は?

限られた予算、限られた広さの中では、そういう遊びの

空間が後まわしになってしまいました。

「いかにたくさん部屋を造るか?」

「いかに収納スペースを確保するか?」

どうしてもそれらが優先され、子どもの遊ぶ場所が削ら

れてしまいます。

遊びの空間は無駄なように思われがちですが、子どもの

成長にとって非常に重要で、それは大人も同じだと思い

ます。

一見無駄な空間。例えば、床の間とか廊下や縁側など。

これらは、やはり精神的なゆとりを育む場所ではありま

せんか?

なんのために家を建てるのか?よく考えてみて下さい。

「家を建てること」が目的ではないですよね?

「健康で、家族が揃って楽しい生活する」

そのために、家を建てるんじゃないですか?

それを考えた家づくりをしてください。

家そのものに焦点を当てると、きっと後悔することに

なりますのでご注意を!!

小冊子無料プレゼント 緊急レポート