社長ブログ

建築のあれこれ「金額だけでは決められない!」

今回は、数社の建築業者から相見積りを取り、比較する

際に気をつけなければいけないことについてお話します。

「各社からの見積りを比較検討しようと思ったけれど、

各社とも見積書の書き方が違い、合計金額での比較しか

できないがどうしたら良い?」という相談を受けました。

住宅業界では特に統一された見積り形式というものは無く、
・坪単価〇〇万円(40坪基準)
※坪単価は、坪数が減ればその分上乗せされます
その他はオプション一式〇〇万円
・本体工事費は〇〇〇万円
その他付帯工事費は別途〇〇万円
・材料費と人件費を分けている
・各工事項目金額が一式金額となっている
・各工事項目が単位面積等で表示されている

業者の経費も同様で、
・工事項目とは別に記載してあるもの
・一部を各項目に上乗せして記載してあるもの
・全てを各項目に上乗せして記載してあるもの
など様々です。

ですから一般の方が数社の見積書を比較検討するのは

まず不可能に近いと思われます。解決方法としては、

非常に難しいことですが、見積り書を出してもらう際、

各会社に見積り書の形式を合わせてもらうよう依頼を

することです。そうすることでに、どんな工事項目が

あり、どの商品を使い、工事範囲は何処まで?等など

内容を細かく比較することができます。

これが重要なポイントの一つです。

しかし、先にも書いた通り単純な金額の比較は経費の

乗せ方等、会社によって違う以上、あまり意味があり

ません。

ではどうしたら良いのか・・・・?

当社では、家を建てる方が冷静な判断と的確な行動を

起こしていくために必要な情報をこれからも発信して

いきたいと思います。

もし、判断に迷っているならいつでもご相談下さい。

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート