スタッフブログ

山粧(よそお)う

北国では、そろそろ美しい紅葉の便りが届き始め、

これから日を追って紅葉前線が南下してきます。

秋の山が紅葉するようすを、山粧うといいます。

春の山の爽やかな初々しさは、山笑う。

夏の山の青々としてみずみずしいさまは、山滴る。

そして、冬の山の枯れた寂しさは、山眠る。

巡る季節をそれぞれの山の表情で捉える言葉は、

まるで山が生きているように、大きな広い心で

言い表しているようです。

自然との共存を、あらためて実感しますね。

すてきな秋を!       渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート