スタッフブログ

十五夜

昔から月の満ち欠けと共に暮らしてきた私達。

丸い満月は豊穣の象徴ともいわれ、農作物の収穫や

祖先とのつながりに感謝し、月に祈るという習慣が

今でも残っています。

月に行くのが夢ではなくなった現代、月から美しい

地球を愛でる時代がくるのもそう遠くではないかも

しれませんね

「月には、ウサギが住んでいてお餅をついている」

と聞かされた話は、何だかとても遠いことのように

感じられます。        渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート