社長ブログ

建築のあれこれ「請負という仕事」

請負とは、仕事を完成まで引き受ける代行業です。

多くの人は「住宅は買うもの」と考えています。

確かに、マンションや建売住宅は「買い物」です。
販売会社と「売買契約」を結ぶのですから・・・

しかし、注文住宅は「買い物」ではありません。
施工会社と「請負工事契約」を結ぶからです。

では請負とは・・・材料を買ってきたあと、完成

させるまでの報酬を決め、全てを引き受ける仕事

です。住宅の場合、施主側は殆んど詳細の知識は

ありません。「ああしたい・「こうしたい」との

希望を伝えるだけ。金額に関しても、どの位用意

すればいいのかよく分からないところでしょう。

従来は、大工さんや左官屋さん等には日当として

手間賃が支払われていました。

材料は施主側が手配するか、職人さんに手配して

もらうかです。この頃は材料コストも日当も施主

自身が大まかに把握できていたので、こんな頃は、

まあ任せてもそれほど心配はなかったことでしょう。
建物の出来栄え、工事代金の使途に関しても・・・。

このような職人達が手掛けてきた家づくりの仕事を、

完成まで一手に引き受ける商売を始めるところが出て

きました。これが「請負業」と呼ばれる建設業者です。

次回に続く。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート