スタッフブログ

夏越の祓(なごしのはらえ)

旧暦6月末に行われる「夏越の祓」は、半年分の罪や

穢れを落とし、このあとの半年の健康と厄除けを祈願

します。

厄落としの方法としては、「茅の輪くぐり」が行われ、

8の字を書くように3度くぐり抜けます。

又、人の形を模した紙の形代(かたしろ)に、自分の

名前と年齢を書き、それで体を撫で人形に罪や穢れを

移し、身代わりとして神社に納めます。

新暦に変わった現在でも、6月30日頃、日本各地の

神社で行われている大切な伝統行事のひとつです。

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート