スタッフブログ

圧巻!「巨大地下空間」

法人会の研修会で、栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」へ。

ここは、1919年(大正8年)~1986年(昭和61年)の約70年を

掛けて大谷石を掘り出して出来た巨大地下空間です。

広さは約2万平方メートル、深さは30メートルにも及びます。

石肌には手掘り時代のツルハシの跡が残り、ずっしりと年輪の

重さを感じさせ、地下巨大建造物を思わせる景観は圧巻です。

また、ここは、コンサートや美術展などのイベントスペースと

しても注目を集めているそうです。

ちなみに今の時期の館内温度は4度。

長時間滞在すると足元から冷えてきますので、お出かけの際は、

暖かい服装でどうぞ。         渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート