スタッフブログ

うっとりと夢心地・・・

ぽかぽかとした春の陽気が、眠気を誘う季節ですね。

「うとうと」「うつらうつら」「こっくりこっくり」

眠っている場合じゃないのに、いつの間にか眠って

しまったり、まぶたが下がってきたり・・・

困ったものです。

浅い眠りをあらわすのには様々な言葉がありますが、

中でも「微睡(まどろ)む」は、やわらかな響きで

一番心地よさそうです。

近所の猫ちゃんが、日の当たる窓辺でお昼寝をする

姿を時々見掛けますが、うっとりと夢心地。

気持よさそう!        渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート