社長ブログ

建築のあれこれ「地震での負傷原因」

最近の地震での負傷原因を調べていたら、興味深い結果が

出ていました。

それによると3~5割もの方が室内家具などの転倒・落下・

移動で負傷しているそうです。そうならないために、日頃

から以下の3つのポイントを意識しておくことが大切です。

◆部屋にはなるべくモノをおかない。

家具類は、生活空間にはなるべく置かないようにして、

クローゼットや据え付け家具に収納するようにする。

◆室内避難経路を考えた家具・家電配置

家具などを配置するときは、倒れてもドアや避難経路を

ふさがないようにする。

◆火災などを防ぐ家具配置

家具類が点火中のストーブに転倒・落下・移動すると、

火災が発生します。

家電も転倒・落下などで火災発生の可能性があります。

<転倒・落下・移動防止対策の基本>

家具のレイアウトを決めたら、家具類の転倒・落下・

移動防止対策を行います。

・最も確実な方法は、壁にL型金具でネジ止めする。

・ネジ止めが難しければ突っ張り棒とストッパーを利用。
または、突っ張り棒と粘着シート(マット)も効果的。

・キャスター付き家具は、移動時外はキャスターをロック。
普段動かさないキャスター付き家具は固定しておく。

・テーブル・イスは粘着マット、または滑り防止マット
などを設置。地震が起きても滑りにくくすることが大切。

・吊り下げ式照明は、チェーンやワイヤーを追加で取付け

地震が起きても動きにくいようにすることがおすすめ。

・鑑賞用水槽やウォーターサーバーは、底面と床面を密着

させる粘着シートや前下部に挟み込むゴム製のくさびで

壁際に傾斜させるストッパーをつけ大きな地震が来ても

倒れにくいようにしましょう。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート