社長ブログ

建築のあれこれ「住まいの耐震を考える・2」

地震が多発する現在では、震源からたとえ遠く離れていた

としても住宅は大丈夫かどうか、不安に駆られている方も

多いのではないでしょうか。

自宅が半壊あるいは一部損壊といった状況であれば適切な

修繕を行うことによって、家の機能は復活します。

こうした場合、「一刻も早く直したい」と願うのは誰しも

同じです。もちろんライフラインが寸断された状況のまま

避難所で過ごしていると、より「急いで直したい」気持に

なることは間違いありません。

でも、少しだけ冷静になることも必要です。すぐに耐震

リフォームに取りかからず落ち着いて考えてみましょう。

このような時期でも、いわゆる悪質な施工会社は、この

「急いで直したい」心理につけこみます。

住んでいる方も「一刻も早く直したい」と願う意識から、

施工会社の身元確認すらおろそかになりがちです。

言葉上では同情やお悔やみをいいますが、多くは適当な

工事を行って高額な料金を請求してきます。

東日本大震災でも同様な事例が発生してしまいましたが、

災害後の復興支援金も悪質な施工会社に狙われました。

不安を煽るようで心苦しいですが耐震改修工事の内容と、

その修繕金額が適切かどうかは必ず確認をしましょう。

家の修繕、リフォームについては、絶対に、一社だけの

見積もりで即断するのは危険です。

同じ耐震改修工事でも、必ず複数の会社から見積もりや

図面を取り寄せて比較されることをおすすめします。

3社程度が比較しやすいでしょう。

複数の業者の見積比較をすることで、より適切な判断が

できるようになります。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート