スタッフブログ

凛として咲く・・・椿

日本の花木の代表である「椿」は、昔から庭木と

して人気があります。

椿は冬のイメージがありますが、1月から4月の

間に早咲きと遅咲きの花が次々と咲きます。

花言葉は、

赤:控えめな素晴らしさ、謙虚な美徳

白:至上の美、申し分ない魅力

ピンク:控えめな美、慎み深さ

と、色により異なりますが、どれも派手な様子の

花と違い、控えめな様子を表す花言葉が多いのは、

椿の花には香りがないからでしょうか?

それが日本の「侘び」に通じることから茶人にも

愛された理由かもしれません。

艶々とした緑の葉と共に、凛として咲く椿の花は、

寒風にも負けない強さを感じますね。

椿、大好きです。       渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート