スタッフブログ

鏡開き

一般的には、11日とされている鏡開き。

これは、年神様に供えた鏡餅をお雑煮やお汁粉にして

食べ、一家の円満を願う行事です。

もともとは、お餅を食べると力持ちになるとの武家の

風習であったため、刀で切ると切腹を連想させるので

縁起が悪いとの理由で手で割ったり、木槌で砕いたり

しました。

何日も飾ったお餅は硬くて、手で細かく割るのは大変

そうですね。

「切る」「割る」という言葉を避け、「開く」という

縁起の良い言葉を使う配慮も、なお今日に受け継がれ

ています。          渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート