スタッフブログ

「てをつなごう」

「てをつなごう

つないだてから

あなたのこころがつたわってくるから

てをつなごう

まよわないように

わたしのみちしるべになるから

てからつたわる あなたのやさしさ

わたしとあなたの こころもつなぐ」

これは友人から贈られた詩集の中の一編です。

脳性まひの為、寝たきりのベッドで詩を書き続けて

いる22歳の女性が、詩を通じて命についての考えや、

生活する中での喜怒哀楽を表現していますが、どの

作品からも、詩を読んでくれる人たちが、諦めずに

生きてほしい、という強さと優しさのメッセージが

伝わってきます。

感動します。         渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート