スタッフブログ

「これって何?」

街歩きの途中、こんなものを目にしました。

これは一体何でしょう? 答えは「防火用水」です。

万一火災が発生した際に、被害を最小限に食い止めるために

最低限の消火活動に必要な量の水を常に蓄えておく水槽です。

今では、各家庭でも消火器を設置して、その時に備えますが、

以前は手段がなく、水槽が初期消火設備として重要な役目を

果たしました。

冬のこの時期になると、乾燥注意報の言葉を聞く機会が増え

火災件数も多くなってきます。

火の扱いには十分気を付けてお過ごし下さい。

火の用心!!             渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート