社長ブログ

失敗事例から学ぶ家づくりの秘けつ(17)

電気代、水道代が予想以上にかかる

賃貸アパートに暮らしていた時よりも、電気代が

相当かさむようになったという例があります。

実際、アパート時の2倍~3倍の電気代が掛かる

と覚悟しておいたほうがよいでしょう。

部屋数がどのくらいあるか、照明器具はどのくらい

増えたか、によってとる対策は異なります。

電気代の負担を最小限に抑えたいと考えている人は、

必要以上に豪華な照明器具をつけたり、数を増やし

たりすることは計画の段階から慎重になったほうが

よいでしょう。

白熱灯と蛍光灯によっても、かかる電気代は異なり

ますが、生活する中で、できるだけこまめに電気を

消すように心掛けることも大切です。

また、初期費用は掛かりますがLED照明にする事

により電気代を削減できます。

只、今のところLED照明は白熱灯や蛍光灯の様に

デザイン数が少ないのが残念ですが、今後は期待が

できると思います。

水道代については、例えばトイレの便器は水を大量

に使うタイプを避けるようにします。

サイフォン式の便器は大量に水を使うので、水道代、

下水道代ともに多くかかるので要注意です。

洗い流し式の便器のほうが節水できます。

今は、節水型が主流なので以前よりも水道代は安く

済むでしょう。

生活に密着した電気と水。効率よく使いましょう!

小冊子無料プレゼント 緊急レポート