社長ブログ

ブレイクタイム 「日本の介護問題」

団塊の世代が75歳以上になる2023年頃には、

介護の必要な高齢者が爆発的に増える見込みです。

日本って高齢者が多い国だと改めて感じますね。

日本の介護問題についてちょっと考えてみました。

遠方にいる親やきょうだいを、身内で介護する

「遠距離介護」も大きな課題とされています。

以前、友人と話していた際に聞いた話ですが、

介護の必要な親が遠方に住んでいる場合、電話が

掛かってくると、なにはともあれ様子を見に行く

こともあったようです。

中には片道で約400キロの道のりを、新幹線で

行ったり来たりしてる人もいるみたいですね。

頼る身内が近くにいないとのことで、遠距離介護を

せざるを得なかったそうです。

介護離職も大きな問題になっている今、2013年

の国民生活基礎調査によると、介護をする人の6割は

「同居の家族」が占め、「別居の家族」も1割近く

いるとのこと。

時間はもちろん、高い交通費、他にも精神的な負担が

大きかったり、容体の悪化や急変に対応できない等と

いった問題もあるようです。

時代の変化に伴い様々な問題が生じますが、ネットで

利用できるサービスや介護保険などの知識を取り入れる

ことも必要かもしれません。

ネット検索がしっかりできる、できないでは情報量に

膨大な差が出ますので、ネットを上手に使うスキルも

身に付けると良いかもしれませんね。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート