社長ブログ

建築のあれこれ・・・「住宅展示場」の見学

国土交通省は2015年度の住宅市場動向調査の結果を公表しました。

興味深いのは、注文住宅を建築した工務店や住宅メーカーを探した

方法の最多が「住宅展示場」だったことです。

住宅展示場は、建物も大きく豪華で参考にならないと、業界内でも、

来場者が年々減少し、もう住宅展示場での集客の時代は終わったと

言われていました。

ところが前述のデータでは、住宅展示場が過半数。しかも上昇傾向。

インターネットが普及し情報がいつでも好きな時に得られるように

なった現在でも、やはり、高額な買い物は現物を見ないと不安だと

いうことでしょうか。

では、住宅展示場に行き、数ある住宅メーカーの中からどうやって

見学する会社を選ぶのでしょうか。

おそらくは、外観のイメージが一番だと思いますが、その日に入った

たった2~3社で決めてしまう人が過半数だというデータがあります。

実は、ここが最大の問題点です。

住宅展示場に行かれる方の多くは、とりあえず行ってみようという

方です。とりあえずというくらいですから、ご自身の家づくりに

関してはほとんど何も考えていません。

そういう方が、売り手のプロである営業マンに誘導され、その日に

入った2~3社に無料でプランを描いてもらい、何度も打ち合わせを

していると、その中から1社に決めなければいけないという雰囲気

になります。

そして多くの方は、契約の後にもっとさまざまな住宅メーカーや

工務店があるのに気づき、価格も含め本当に契約してよかったのか

後悔するのです。

これから夏休み。

住宅展示場に行かれる際には十分気をつけてください。

住宅展示場は楽しいところですが、まずは多くの住宅メーカーを

見てまわることをお勧めします。

その上で、ご自身のライフプランを整理し、家づくりのこだわり、

資金計画を考慮した上で、プランを依頼することが大切です。

また、事前にインターネットなどで必要最低限の知識を学習する

ことも忘れないでください。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート