スタッフブログ

「恋文=ラブレターの日」

五月二十三日は、五(こい)二(ぶ)三(み)の語呂合わせから、

「恋文=ラブレターの日」ともいわれます。

電子メールが普及するまでは、対面、電話、手紙の三つが恋心を

伝える手段でした。

対面なら表情や声が、電話なら声の調子が、言葉以上に気持ちを

伝えてくれます。

手紙は、といえば、それらにあたるのは筆跡や便箋でしょうか。

筆跡は声と同じように変えにくいものですが、便箋は選べます。

相手を思い、相応しい便箋を選ぶところから恋文は始まる・・・

のかもしれません。

手紙を書くのは面倒と思っている方も、たまには如何ですか?

新鮮な気持ちが生まれるかもしれませんよ。

私は、メールより手紙の方がず~っと嬉しい古いタイプの人間

です。                渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート