社長ブログ

ブレイクタイム「美しいものを見る目」

どうしてなのだろうか?

ある人は、いつも美しい空、草原、愛らしい花や素晴らしい

人たちを見るのに、ある人は眉間にしわを寄せて何も美しい

存在を見ることができないのでしょうか?

同じ場所にいても、一角にある小さな花に気づき感動する人

もいれば、何も気づかず時間だけが過ぎて行く人もいます。

この違いは何なのでしょうか?

それは、そこにいる人の「心の目の置きどころ」です。

心の目が開いて美しい存在を見ようという思いがあれば、

美しいものが見えてくるでしょうし、逆に心の目が閉じて

いれば暗闇しか見えないのです。

皆さんはどうですか?

折角であれば、美しいものを見る目をいつも持ちたいもの

ですよね。

 

 

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート