社長ブログ

家を建てる段取り(18)

解体工事が必要な場合と地盤調査

これまで住んでいた家を取り壊して新しい家を建てる場合や、

古屋付き土地を購入した場合、解体工事をしなければなりません。

古い家にも固定資産税がかかっていますが、取り壊して

「建物滅失登記」をすれば、課税台帳から削除され、固定資産税は

かからなくなります。

 

解体した家の廃棄物は、業者に依頼するなど正しく処理しなければ

なりません。

これを不法に投棄するなどすれば処罰されてしまいます。

 

古い家が解体された後の土地は地盤調査をすることをお勧めします。

長い年月そこに家が建っていたとしても、土地の状況は案外あまり

良くないという場合もあるのです。

地盤調査の方法としては、比較的簡単で、数万程度の費用で正確な

診断ができる「スウェーデン式サウンディング試験」が広く行われ

ています。

 

もし地盤に問題があった場合には、新しい家の工事を始める前に、

地盤改良が必要です。

調査・改良工事共、住宅会社の担当者に相談すれば、適切な方法を

提示してくれます。

 

どちらも安心して長く住む家を建てるために必要なことですので

しっかり確認しましょう!

 

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート