社長ブログ

家を建てる段取り(16)

間取り・設計を考える

家づくりを考える多くの段階の中で、間取りを考える

のが一番楽しい時間ではないでしょうか。

 

家族の過ごし方、部屋の配置、水回りやベランダの

作り方など自分たちの生活に合わせた、暮らしやすく

素敵な家を実現したいとは誰もが思うことでしょう。

もちろん、どんなプランも実現可能というわけではなく

予算や土地の形状、建ぺい率や容積率の法的な規制など、

さまざまな制約の中で考えなければなりません。

その上で、家族構成や毎日の生活リズムに合わせて、

共有スペースと一人ひとりのスペース、水回りなどを

合わせた間取りを考えていきます。

 

個室は騒音の少ない場所、共有スペースは使いやすい場所、

そしてトイレは皆が行きやすく、キッチンとダイニングは

移動しやすくするなど、動きの多いところほど動線を短く

しておくと住みやすいでしょう。

モデルハウスなどに行った時には、実際に動いてみて、

自分の家のプランに反映させてみてください。

収納や採光、風通しも大切です。

 

多くの制約の中でプランを練るのは大変な作業ですが、

それだけに、自分らしい家をつくる喜びもあります。

 

又、入居から10年・20年後に家族構成や年齢が変わって

いくこともある程度考慮しておく必要があります。

バリアフリーにしておくべきか、フリースペースを造って

おくべきかなど、家族の状況をよく考えてみましょう。

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート