社長ブログ

家を建てる段取り(5)

家づくりは誰とするの?

家のイメージが固まったら、住宅会社を選びます。

住宅会社は家づくりのプロです。

わからないことを何でも気軽に聞けて、どんな家を作り

たいか、よく理解してくれるパートナーを選びたいもの

です。

 

大手ハウスメーカーの場合は、社内に各方面の専門家を

抱えていて、資金計画から入居後のアフターサービス、

改築まで相談に乗ってくれるというメリットがあります。

しかし一方で、画一的な家になりがちというデメリットも。

自分らしい家を求めてオプションを追加していくと、気が

ついたら当初の予算を大幅にオーバーしてしまう、などと

いうこともあります。

 

その点、地元の工務店や個性的な家づくりをする住宅会社

などでは、作り手の顔が見える安心感とデザインや間取りに

融通がきいて、納得して自分らしい家づくりができるという

メリットがあります。

ただし、会社によって得意・不得意が大きく分かれる場合が

ありますので、その会社の評判を聞いたり、実際に建てた家

を見たりして十分に検討しましょう。

この時、知人の紹介などで出会った会社に任せると、後々

困る場合がありますので慎重に決めましょう。

紹介者に遠慮して言いたいことを言えず、結局満足できない

家になってしまうという例が多いのです。

 

また並行して土地探しをする場合、土地のローン審査に家の

プランが必要になります。

ローンの実行には1〜2ヶ月程度かかりますが、その短期間に

住宅会社を探し、大慌てでプランを作ったのでは、後悔する

ことにもなりかねません。

 

思った通りの家づくりをするためにも、土地探しよりも先に

住宅会社を選びましょう。

 

小冊子無料プレゼント 緊急レポート