社長ブログ

こだわりと合理性の混在

仕事を進めていく上で、こだわりを持って行う部分と
合理化を進めなければならない部分の両方が
必要となってくるのではないでしょうか。

「こだわり」がなければ良い物を作ることはできず、
その他大勢と同じになってしまいます。

しかし、あまりにもこだわりが強すぎると、
時間、労力、費用、精神力などを
必要以上に注ぎこんでしまう結果にもなります。

理想とする家づくりをするためには、

施主の意見を尊重し、できるだけ合理化を目指し
無駄を削ぎ落す事も必要です。

注意しなければならないのは、この両者のバランスで
合理性を追求しすぎると、こだわりが消えてしまいます。

「こだわり」と「合理性」が上手く混在していること。

それが理想の家づくりの秘訣かなと思っています。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート