スタッフブログ

心の鬼を払う?・・・豆まき

立春の前日の節分は、待ち望んでいた冬の終わりを告げる

もの。

この日、家の戸や窓を開けて「福は内、鬼は外」と言いながら

大豆を家の内外にまき、戸をしっかり締めます。

その後、歳に一つ加えた数の豆を食べ、今後1年の幸せへの

願いを込めます。

最近ではあまり聞かれなくなった豆まきの掛け声ですが、春の

到来を喜び、気持を新たにするのが節分。

本当は、自分の心から鬼を払うために豆をまく日なのかもしれ

ませんね。

「鬼は外・・・」          渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート