スタッフブログ

暖かい春は、すぐそこまで

今日は、二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」
地中で冬ごもりをしていた虫や生き物が、早春の光で
温まった土からはい出してくる季節です。
同じ意味合いの「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」
という言葉があるそうですが、これは、虫たちが、
もぞもぞと土から顔を出す様を「戸を啓く」というのは、
何ともシャレた言い回しですね。
通常なら、土中で冬眠はしないけれど、私たち人間も
陽の光に誘われて戸外に出て、爽やかな風を吸いたく
なるような時期なのですが、今年は異常低温のため、
まだしばらく冬ごもり(?)を続けます。
    RIMG2879.JPG
でも、もう少しの辛抱。
暖かい春は、すぐそこまで来ています。
水仙の花のように、寒さに負けないで!
                 渡辺 田鶴子

小冊子無料プレゼント 緊急レポート