スタッフブログ

再び悪徳リフォーム横行

最近はまた、悪徳まがいのやり方で無理やりリフォームをされた被害が
続出しているので皆さんご注意ください。
ましてや、名も知らない訪問業者の勧めるリフォームなどはもってのほかです。
よく見られる事例は「点検商法と逆切れ商法」の合わせ技です。
飛び込みのセールスマンが、建物の土台に設けられている通風口に
取り付けられている鋳物製の網では害虫(白蟻)やネズミが出入りするから
「目の細かいステンレス製の網(防虫ネット)を付けませんか」などと言って、
家の中に入る口実を作ります。
防中ネットなどの契約をしてしまうと、防虫ネットを設置する際に「ついでだから」
などと言って床下に入り込み、湿気ていて土台が腐っているとか、柱とかが
緩んでいて地震が来ると危ないなどと言葉巧みに不安感をあおります。
そして、当日か翌日には数十万程度の契約をしてしまうことになるのです。
これを途中で気が付き、解約するとかやらないなどと言うと「冗談じゃない・
一旦契約をしたのだから、最後までやらないと契約違反で訴えるぞ」などと逆切れして
強引に工事を強要します。

更に、一度認めてしまうとお客様が素人なのをよいことに
「あれだけではまだ補修・補強が不十分」などと言って
不安をあおり短期間に複数の契約を強要し、被害が拡大します。
最近あった事例では「近くで換気扇取換えの工事を行ったのですが、一個余って
しまったので、お宅の床下に無料で取り付けます。10分程度で終わりますから」と
床下に潜り込み「土台が腐っていますよ、直さないと崩れる危険があります。
ざっと100万円ほどで直ります」と言い、今、契約書に判を押してくれれば10万円
値引きでやります。
とりあえず手付金として5万円出してください。
工事は明日直ぐにやりますからと、名刺を置いて帰っていった。
翌日全然来ない、名刺の電話番号にかけてみると「現在使われておりません」というコールだったそうです。
そこで、床下を覗いてみると、換気扇が転がっていたそうです。
1台5万円の換気扇を購入してしまったことになってしまいました。
テレビドラマやマンガみたいな詐欺ですが、無料で、しかも確認ができにくい床下、
土台が腐っているという不安から、信用してしまったケースです。
まるでゲーム感覚で人を騙す連中は、振り込め詐欺の犯人のように犯罪歴のない
普通の若者が増えているだけに、うっかり引っかかってしまうのかもしれません。
訪問販売業者らしい場合はドアを開けない。
貴方だけが得をする美味しい話は絶対にありませんので、
皆さん、気をつけましょう。

これはおかしい?と思ったら直ぐに当社へお問い合わせください!!
     注文住宅 ・ もちろんリフォームも手掛けている渡辺ハウジング  渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート