スタッフブログ

大黒柱のある地熱住宅 外断熱と2重通気・外装工事

断熱材50ミリを隙間なく張り、その上に「透湿・防水シート」を
重ね貼りをしていきます。
*(内部からの湿気を逃がし、外部からの雨水を防ぐため)
外装材(サイディング)を取り付けるためと、通気層を設けるため
下地材として防腐処理をした木材(胴縁材)を取り付けます。
*空気は最高の断熱材 : 熱を断つには熱伝導性の低いものほどよく
                空気と水はこの代表です。
  08.11.20%20021.jpg  08.12.3%20021.jpg  08.12.3%20023.jpg
外断熱工法地熱住宅はは2重通気工法といえます。
・構造体の内部を暖まった空気は上昇するという特徴を利用し余分な熱と湿気を排出させます。
 そのため、構造体内部は余分な湿気が少なく壁体内結露の心配がありません。
・外壁部分は構造体外側の通気となり最高の断熱材となります。
  08.12.26%20001.jpg  08.12.26%20002.jpg   09.1.20%20045.jpg
  これで外断熱・気密工事・外部工事完了。
        外断熱・地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート