スタッフブログ

大黒柱のある地熱住宅(基礎外断熱の防蟻処理)

熱伝導型地熱住宅では床下も室内と考えています。
したがって、完全外断熱工法とし基礎の外側に断熱材を施します。
外気が、行き来してしまう従来型の床下のままでは、地中に蓄えられた熱が
建物には伝わらないので、熱伝導型地熱住宅では床下まで断熱材ですっぽり覆い、
地中、土間コンクリートから床下にかけて「蓄熱帯」や「蓄冷帯」をつくって「床冷暖房」の
ような役目をさせるため、人体に無害な防蟻処理が必要になります。
  
  RIMG0842.JPG   RIMG0776.JPG  RIMG0800.JPG
外側の白いのが、防蟻処理された断熱材(パフォームガード)です。
 *人体に無害な防蟻処理が施されています。
 *防蟻性能が半永久的に持続します。
 *成分の自然分解がないので土壌汚染もなく、地球環境に害を及ぼすことはありません。
また、特定フロン、代替フロンなど一切使用していないので、地球環境にやさしく、
しかも水に強い素材(耐水性に優れ、長期間にわたり吸水性が小さい)で経年変化が少なく
長期にわたって断熱性能が維持されます。
万が一、白アリが基礎コンクリートと断熱材の間を上がってきたときに阻止するため
人体に無害な防蟻薬剤(シラフルオへン)を含むフクビのアリダンGAテープ(防蟻、防湿)を使います。
  RIMG0798.JPG
さらに、EVA樹脂を使用し、防蟻用薬剤が混入されていているフクビの土台ガードEXを敷きます。
これは厚みが0.5mm、幅が230mmあるので基礎外周部にはみ出し、そのはみ出し部分が
「蟻返し」の役目を果たします。
  
  RIMG0793.JPG
最後に、液状の炭塗料(ヘルスコ・キュアー)を土台の裏に先行塗布。
 *床下からの臭いも、独特の吸着効果により、有害ガスや悪臭を分解し、消臭力を保ちます。
 *特殊微粉末木炭と天然鉱石を配合することにより、シロアリを死滅させる効果があります。
 *家と住む人を活性化させ、環境汚染も防ぐマイナスイオン効果があります。
住宅を長持ちさせる自然素材塗料、薬剤を使用しない、自然素材から作られた、防蟻、防腐材。
   RIMG0795.JPG   RIMG0788.JPG   RIMG0796.JPG
        地熱住宅に取り組んでいる板橋の工務店 (株)渡辺ハウジング 渡辺


外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱◆Watanabe-Housing◆外断熱◇地熱◇外断熱◇地熱

小冊子無料プレゼント 緊急レポート