社長ブログ

品確法ってなんですか?

あるお客様から「品格法ってなんですか?」との質問が

ありましたので、簡単にお話します。

品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)は、
3つの柱から成り立っています。

①住宅性能表示
消費者が住宅の性能を評価するための1つの物差しで、
利用は任意です。費用は30万から50万円程度。

・どんな性能が評価されるのか

1、構造の安定に関する評価
2、維持管理への配慮
3、光環境に関する評価
4、火災時の安全に関する評価
5、温熱環境性能に関する評価
6、音環境に関する評価
7、劣化の軽減に関する評価
8、空気環境に関する評価
9、高齢者への配慮    等

・住宅性能表示取得物件とは
設計住宅性能評価と建設住宅性能評価の両方を受けtた建物。
9項目の評価は必須項目です。

・アピールポイント

第三者機関検査員が現場検査を4回実施(一般的な木造住宅の場合)
1、基礎の配筋工事が完了した時
2、構造躯体工事が完了した時
3、内装下張り工事の直前
4、建物が竣工した時

 ※瑕疵担保責任の10年保証の検査回数は2回。
  それに比べ住宅性能表示検査回数は4回行われている。

 ②紛争処理機関設置

  
 ③瑕疵担保責任 10年
「瑕疵」とは何か?
  瑕疵とは一般的に法的に見た欠点、欠格のことです。

A)住宅の建築が本来満たすべき機能を有していない。
B)建築関連法規の規定に適合していない。
C)契約で約束した内容が実現されていない。

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を
防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

・施行時期:平成21年10月から引渡し物件すべて
・対象物件:新築居住用家屋
・所有者となる買主、新築住宅を引き渡す建設業者、宅建業者
・保証金供託か保険加入の選択

以上が,品確法の要点についてのまとめです。
新築住宅の場合、すべてが10年保証付きになりましたので、
確認してください。
 ご不明の点は、当社にお問い合わせください。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート