社長ブログ

ブレークタイム、少し前によく耳にした言葉「断捨離」

ここ数年、整理術の書籍がどんどん売れたり、TVでは
片付けの専門家が出演して整理術を披露したりと、
不要な物を手放すという考え方が浸透してきていますね。

「断捨離」という言葉があれだけ流行ったのを見ると、
知らず知らずのうちに家の中や事務所に溢れてしまった
ただ所有しているだけの物の価値の無さを感じる人が
増えているんだなと思います。

確かに、スペースをムダに圧迫する不必要な物たちは、
自分のパワーを吸い取ってしまうような気がします。

昔、物が足りなかった時代の人たちにとっては、単に
所有するということが意味を持っていたのでしょう。

しかし、現代は逆に物が溢れている時代です。
所有にこだわる必要などありません。

すっきり片付いた環境でする仕事の方が、どれだけ
はかどるか実感してみて下さい。
解ってはいるのですが私にはこれがなかなか難しい。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート