社長ブログ

基本的な建築法規を知る

今回お届けするのは建築知識と住宅知識についてです。

 どんなことでも基本や基礎知識は大切です。

 今更!なんて言わないで、復習の意味も込めてお付き合い

 くださいね。

 1、建築確認申請
   建築、用途変更、大規模修繕をする場合は、建築前に
   建築審査を受けなければいけません。

 2、検査済証(任意)
   工事完了後に、建築物が建築確認申請に適合している
   場合に唯一発行される公的書類です。
   *2014年現在も任意取得ですので、取得物件は
    客観的な安全性をアピール出来ます。
    ただし、取得していない物件が「違反建築」という
    ことではありません。
    そもそも、大手ハウスメーカーも「検査済書」を
    全物件取得を前提にし始めたのは2000年前前後からです。
    業界として「検査済証」に対する認識が甘かったということです。

   融資の前提で「検査済証」の提出を義務付けている機関もあるので
   注意が必要です。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート