社長ブログ

住まいを長持ちさせる方法(15)

今回は、籐や竹の家具のお手入れについてです。

 お手入れの基本はブラッシング。

 最近、籐や竹製品は、夏場だけでなく年間を通じて

 人気があるようです。

 が、細工が入り組んでいてほこりが付き易いのが難点。

 家具用ブラシで、数日に1回ほこりを払いましょう。

 ほこりのひどい場合は掃除機が活躍します。

 家具用ブラシは、日本ではあまり知られていませんが、

 ヨーロッパでは主婦の必需品。小ぶりの荒神ぼうきや

 洋服ブラシを使っても良いでしょう。

  もし黄ばみや黒ずみが出てきたら?

 ちょっとした汚れなら熱いお湯で固く絞ったタオルで

 拭いたり、薄い塩水を付けた堅いブラシでこすります。

 ブラッシング後はカラ拭きか、ニス仕上げのものなら

 ワックスで磨きます。

 
 また、籐は特に湿気を嫌います。

 梅雨時などにカビが生えてしまった場合には、薄めた

 アンモニア水を付けた布でこするときれいになります。

 一時的にしまっておく場合は乾燥した場所を選ぶこと。

 しまう前には、洗剤拭きをしてから殺虫剤をかけて、

 新聞紙などに包んでおくと安心です。

   今日は、籐や竹製家具のお手入れでした。

  次回は、白木のお手入れです。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート